top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

藤原さくら、新曲「Kirakira」制作のキッカケとなった生活の変化とはーー「何事も捉え方次第で良い方向に持っていける」

SPICE

 4月9日(金)に新曲「Kirakira」を配信リリースした、藤原さくら。「何気ない日常を楽しむ気持ち」をテーマに制作された同曲。しかし新型コロナウィルスの影響で、わたしたちが感じる「何気ない日常」は大きく変化した。ほとんどの人は生活のルーティンが変わったはず。目にするもの、触れるものにも違いが出てきたのではないか。藤原はこの状況について、「これまでの日常がいかに特別なものだったか、あらためて気づいた」と語った上で、「だけどどんな状況になってもそれに合わせて流動的に、しなやかに生きるのが大切」と自分なりの日々の過ごし方を見つけ出したという。今回は、そんな「現在の生活」から生まれてきたような「Kirakira」について話を訊いた。




藤原さくら 撮影=ハヤシマコ



――「Kirakira」は「何気ない日常を楽しむ気持ち」で作ったそうですね。

もともと2021年1月に予定していたライブが新型コロナウィルスの影響で4月に延期となり「せっかくならみんなが聴いたことがない新曲を発表したい」という話になったんです。しんどいな、と感じる状況は誰にでもあるはずだけど、捉え方次第で良い方向に持っていけるんじゃないかな。いろんな仕事に挑戦させていただいたり、私生活では引越をしたり、自分自身のことを見つめ直す機会がたくさんあるなかで、そういう考え方が生まれてきました。

――大変な状況だけど、立ち止まらずにいろんなことをやって状況を好転させるということですね。

良くないことをずっと引きずっても仕方がないじゃないですか。だったら「次に行こう」と。人生はこれからも続くわけだし、生活も続く。コロナ禍でも、全部をあきらめるわけにはいかないと思うので、この曲では「何事も捉え方次第だよ」と伝えたかったですね。

――大きなキッカケとしては、やはりコロナ禍の影響があったのですね。

広告の後にも続きます

去年の2月、3月に舞台をやっていて、その日までは開催できていたのに、突然「明日から公演休止」と言われたときはショックでした。ライブの延期などについてもスタッフのみんなと話し合ったりして。一方で、これからは、流動的なやり方というか。こういう状況だからこうしようとか、形を決めずにやっていくことにしました。「強く」ではなく、「しなやか」にできるようになった方がこれから良いんだろうなと。「Kirakira」はそういうことを歌った曲な気がします。

――今までは「芯を強く持って、信じた方向に向かっていこう」という気持ちが大切だとされてきましたが……。

会社でも何でも良いのですが、「一度そこに入ったら、ずっとそこでやっていく」という考え方はまだまだ根強かったはず。でも今の若者はすぐに辞めるじゃないですか(笑)。それって皮肉でもなんでもなく、「ここは違う」と感じれば別のルートを模索して良いということ。もちろん、違和感を持ちながらそこで頑張るのも良いこと。自分で柔軟にジャッジして、ちゃんと責任を全うすれば良いんじゃないかな。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル