top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

勉強したいと思ったら、手元に! 「独学」の百科事典【4月! 決めるスタートダッシュ】

J-CAST会社ウォッチ

4月になり、新たな気分で勉強しようと思っている学生や社会人は多いだろう。何かを学ぶのに遅いということはない。そんな人が買い求めているのだろう。700ページを超える、本書「独学大全」が、2020年9月の発売以来、ベストセラーになっている。

「何を、どう学べばいいか迷ったときの羅針盤」「独学の百科事典」というキャッチフレーズが支持されたようだ。「百科事典」なので、要約することは不可能だが、その輪郭だけでも紹介しよう。

「独学大全」(読書猿著)ダイヤモンド社

卓抜なネーミングが人気を博す

著者は匿名の「読書猿」氏。読書が苦手だったが、2008年にブログ「読書猿Classic」を開設。ギリシア時代の古典から最新の論文、個人のTwitter投稿まで、ありとあらゆる知を「独学者の道具箱」「語学の道具箱」などのカテゴリー別にまとめ、独自の視点で紹介し、人気を博してきた。

昼間は組織人として働きながら、通勤時間と土日を利用して勉学に励んでいる。著書に「アイデア大全」「問題解決大全」(ともにフォレスト出版)がある。

本書は4部構成になっている。第1部は「なぜ学ぶのか」、第2部は「何を学べばよいか」の技法と情報、第3部は「どのように学ぶ」かについて、読書法、記憶術など、第4部は国語、英語、数学の3分野について、具体的なケーススタディ、という内容だ。

広告の後にも続きます

「55の技法」が紹介されている。その卓抜なネーミングも人気の理由だろう。

たとえば、「グレー時間クレンジング」。「クズ時間を生まれ変わらせる錬金術」だ。24時間の行動が書き込める表を用意し、時間ごとに行動を書き込む。完全に自由に使える時間を「ホワイト時間」、完全に行動が拘束された時間を「ブラック時間」とし、一部の行動は制限されるが自由にできることもある時間を「グレー時間」とする。

そうすると、一日の多くが「グレー時間」であることがわかる。「グレー時間」を学習に使えるよう事前準備をするのがコツだ。通勤時間には本を読んだり、音声教材が使えたりする。

本の読み方にもいろいろある

学びの基本である、本の読み方にもいろいろあることを知り、驚いた。知らずに使っている最速の読書法「転読」、必要なものだけを読み取る「掬読(きくどく)」、文献と対話する「間読」、決まった時間で読み終える「限読」、ここまでがいわゆる「速読」だ。

ふつうの速度で読む「平読」には、「黙読」、「音読」、「指読」があり、時間をかけてじっくり読む「精読」には、「刻読」や「段落要約」、「筆写」、「注釈」などがあるという。

この読書法のところで、ハタと思うところがあった。読みながら、必要なところに「しるし」を残していくのが「刻読」の一つの行為である。その効果について著者は、こう書いている。

「しかし、刻読は学習法以上のものである。というのも、テキストを読み、気になるところに線を引き、線を引いた箇所について考え、コメントを残すことは、およそあらゆる思考術に共通する基盤とも言うべき作業であるからだ」
  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル