top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ビートたけし、松山英樹の優勝を祝福も新型コロナに怒り 「邪魔ばっかりしやがって」

ニュースサイトしらべぇ

18日放送の『TVタックル』(テレビ朝日系)で、ビートたけしがゴルフの世界大会「マスターズ・トーナメント」に優勝した松山英樹選手を祝福。そのなかで、新型コロナウイルスに怒りを滲ませた。


■マスターズ視聴を告白

冒頭、松山選手のマスターズ優勝についてたけしは「いやあ、もうね、ゴルフは体壊したね。3日目4日目、俺、ずっと見ちゃって。本当に調子悪くなっちゃって」と話す。

続けて、「松山選手の緊張感もわかるしね、水ガブガブ飲みだして、ああ、この人相当テンション上がってるなってわかったけど」と、マスターズをずっと視聴していたことを明かした。


関連記事:ビートたけし、松山英樹優勝のゴルフ・マスターズ観戦にヒヤヒヤ 「体壊しましたね」

■コロナに怒り

番組終盤、たけしは「松山選手みたいな人に1人出すために、何万人か何億人かの犠牲を払わなきゃいけないっていうのはあるんだよ」とコメント。

広告の後にも続きます

続けて「俺は若手の漫才師に言うのは売れた漫才師に、『お前1人出るために、何万人ダメになったか、ちゃんと覚悟してやれよってよく言うんだよ。そうじゃないとお前、だめだよ。運がいいだけかもわかんないからな』って言うんだけど」と持論を展開する。

そして「松山選手もついてないよね。ちゃんとしたアレだったら、銀座紙吹雪だよ、もう。国民栄誉賞。コロナ禍じゃなければ国民を挙げてお祝いしたのに。何だこのコロナっていうのは、邪魔ばっかりしやがって。と思うこの頃でございます」と新型コロナウイルスに憤りを見せた。

■視聴者の反応は…

たけしの発言に「確かにそう」「コロナじゃなかったから、パレードがあっても良いレベルだよね」「コロナが邪魔なのは、本当にそう思う」と賛同の声が上がる。

その一方で、「松山選手自身が記者会見で『コロナで日本のマスコミが減って楽だった』と言っている。コロナだから優勝できたという側面もある」「大騒ぎしないで喜びを共感するほうがいい」という反論も出た。


■75.7%が「コロナが憎い」
  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル