top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

両親から送られた言葉を胸に小林愛三が田渕涼香にリベンジ果たす【4・17 RISE】

TOKYO HEADLINE

昨年12月の初対戦は田渕が判定勝ち

「RISE148」(4月17日、東京・後楽園ホール)のメインイベントで行われた「RISE QUEENフライ級(-52kg)タイトルマッチ」で暫定王者の小林愛三(NEXT LEVEL渋谷)が田渕涼香(拳聖塾)と対戦し、3-0の判定で勝利を収めた。

 2人は昨年12月18日に対戦し、田渕がダウンを奪ったうえでの判定勝ちを収めている。その日、小林は陣内まどかと「RISE QUEENフライ級(-52kg)王座決定トーナメント」の決勝戦を行う予定だったが、陣内が練習中に右膝半月板損傷の怪我を負い欠場。小林は試合前に暫定王者に認定されたのだが、そのうえでの敗戦とあって、しばらく田渕の幻影に悩まされたという。今回は必勝を期しての試合となった。

 小林は1Rからプレッシャーをかけつつも決して深追いはせず、ローを飛ばしていく。田渕はスイッチを繰り返し攻撃の機会をうかがうが、小林はジャブ、ローキックで距離を巧みに調整。田渕に攻撃の糸口をつかませない。

冷静な試合運び見せる小林

 2R、小林はプレッシャーをかけて右ミドルに左右のロー。田渕が前に出ると小林はバックステップで距離をキープ。田渕がプッシャーかけ左ハイからパンチの連打を放つと、小林も打ち返すが距離が詰まりクリンチ。また小林がプレッシャーをかけ始め、右インロー、組んでのヒザ蹴り、右のローを放っていく。田渕の前蹴り、右ローにはパンチを合わせる。そして田渕のパンチはしっかりガード。

 3Rも小林がローでペースを握る。田渕は左フックで反撃も小林は右フックをかぶせる。田渕はすっと前に出てワンツー。小林は左ミドル、左ストレートから左ハイと手数を出していく。右インロー、左ローで田渕を止めると距離を詰め右ストレート。田渕もパンチで反撃。

広告の後にも続きます

 4Rはこれまでに比べやや距離を詰める2人。田渕はバックブローからその勢いで左ミドル。小林は右ローからパンチにつなげていく。田渕のローにパンチを合わせる小林。距離が詰まって組み合う展開になると小林はヒザ蹴りを打ち込んでいく。田渕も右ロー、パンチと反撃も小林が試合をコントロール。

試合後、涙で感謝の言葉

 最終の5R、ともにパンチを出し合うが、距離が詰まってしまい、組み合う展開が増えてしまう。しかしここでも小林はどん欲にヒザを当て、首相撲で田渕をコカしていく。しかしともに決め手を欠き試合は判定に。

 終始、試合をコントロールした小林が3-0の判定で勝利を収め雪辱を果たすと同時に正規王者となった。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル