top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

東京におしゃれな沖縄が!? センス抜群のバル、代田橋「ヤンバル」|シェフが通う店 #11

macaroni

代官山「Baro(バロ)」齋藤さんが通う店は?【シェフが通う店 #11】

▲「Baro」の店主、齋藤正樹さん

第10回で紹介した、隠れ家ワインバー「Baro(バロ)」。店主の齋藤さんが紹介してくれたのは、代田橋、沖縄タウンの一角にある沖縄食材を使ったバル料理店「YANBARU(以下ヤンバル)」。

「初めて食べに行ったとき、本場よりおいしいと思いました。それ以来、よく通っています。沖縄の食材にこだわっていて、どれを食べてもおいしいですよ。」(齋藤さん)

齋藤さんのお気に入り、沖縄食材をバルスタイルで楽しむ店をご紹介しましょう。
前回の記事はこちら▼

プロが惚れたスパイスカレー!カフェのように通える、代官山のワインバー「Baro(バロ)」|シェフが通う店 #10

沖縄タウンに潜むオシャレ空間!代田橋「YANBARU(ヤンバル)」

美しいビーチに青い空、魅力的な郷土料理。沖縄が恋しくなったとき、ぜひ訪れてほしいのが、京王線代田橋駅近くの「沖縄タウン」。沖縄料理店やお土産店が軒を連ねるエリアです。

「ヤンバル」があるのは、沖縄タウンの外れ、住宅街の一角。レトロなオリオンビールの看板が目を引きます。

広告の後にも続きます

ヨーロッパのアンティーク家具や小物で彩られた店内は、カウンターとテーブルの18席とこぢんまり。フェイクのレンガ壁は、有名テーマパークの外装を担当している方が作ったものだとか。

使われている食器やグラス、カトラリーは、すべて沖縄で購入。ぽってりした厚みと素朴な力強さが魅力のやむちん(陶器)は、作家ものを中心にそろえており、器好きの方も楽しめます。

沖縄愛いっぱいのオーナーとシェフ夫婦

オーナーの野崎 洋平さん(写真右)は、実は福島県出身。初めて沖縄を訪れたときから魅了され、東京の専門店で沖縄料理を学びました。

沖縄の魅力を伝えたいと、代田橋に沖縄料理店をオープンし、現在「ヤンバル」のほかに2店舗を営業しています。

シェフを務めるのは、奥様の由梨子さん。「ル・コルドン・ブルー」といったロンドンの料理学校で学び、帰国後に代田橋の人気カフェ「CHUBBY(チャビー)」でシェフとして活躍。

結婚を機にすっかり沖縄に魅せられ、培った洋風料理の技術を生かして、「ヤンバル」で腕を振るっています。

沖縄食材がこんなおしゃれに!?

TOPICS