top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

JJコンビ、2006年~現在までの“日本のYouTuber史”を解説

yutura

2021年4月15日、元「カリスマブラザーズ」(登録者数98万人)の「JJコンビ」(同26万人)が「知れば知るほど面白い!!YouTuberの歴史徹底解説!!」を公開しました。

日本のYouTuber史を解説

JJコンビは、コメントで要望が多かったという“YouTuberの歴史”を解説します。
2015年にYouTube活動を開始し、「カリスマブラザーズ」時代には最大120万人の登録者を持っていた2人は

YouTubeの酸いも甘いも知っている僕たちが、内部から見てきた情報を全てお届けするという形でございます

と意気込みます。

YouTube

2006年 ヒカキンが活動開始

広告の後にも続きます

日本のトップYouTuberである「ヒカキン」(登録者数908万人)がYouTubeに動画投稿を開始します。
ちなみに、ヒカキンが動画投稿し始めたのは現在のメインチャンネル「HikakinTV」ではなく、ビートボックスの動画を専門にアップする「HIKAKIN」です。

同年、ガジェット系YouTuber「ジェットダイスケ」(登録者数28万人)も活動を開始しています。
ジェットダイスケは、「瀬戸弘司」(同166万人)がYouTubeを始めるきっかけにもなった、“ガジェット系YouTuberの祖”とも言える存在です。

JJコンビによると、2006年のYouTubeは音楽や映像作品をメインとした動画プラットフォームだったとのこと。
2人はこの時代のYouTubeを“縄文期”と命名しました。

2007年 MEGWINがYouTube参入

MEGWIN」(登録者数96万人)が登場、“体を張った動画”を投稿し始めます。

ちなみにMEGWINは「ワタナベマホト」(登録者数164万人)がYouTubeを始めるきっかけになったYouTuber。
YouTubeのサービス開始以前から動画発信をしていたことから、MEGWINは“元祖YouTuber”ともいわれます。

2009年 教育系・ゲーム系が登場

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル