top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

巨人・大城卓三捕手 扇の要へ。頼もしさを増す4年目捕手/スタートダッシュに成功

週刊ベースボールONLINE


2020年はセ・リーグのベストナイン捕手にも選出された巨人の大城卓三

 言葉も頼もしくなってきた。

 大城卓三は3月26日のDeNAとの開幕戦(東京ドーム)で「七番・捕手」として、プロ4年目で自身初の開幕スタメン入り。同点で迎えた3回には相手の開幕投手でもある浜口遥大からライトスタンド最前列へ1号3ランを放つ上々のスタートを見せると、ここまで18試合中15試合(残りの3試合は一塁で先発)で先発マスクをかぶり、「不動の正捕手」の座をつかもうとしている。

 打っては打率こそ.258とやや下降気味ながら、チーム2位の16安打、3位の7打点(4月15日終了時点)。「1球目から、打つべきボールを打てていると思います。それがいい結果になっている。試合に出ている間は責任もあるので頑張っていきたいです」と自覚を口にする。

 4月1日の中日戦(バンテリンドーム)では2安打1打点でチームを3対1の勝利に導いた。同日に高校野球、選抜大会で母校の東海大相模高が10年ぶり3度目の優勝を飾った。3年時の2010年夏に四番として甲子園準優勝を果たした男は「自分も後輩たちに負けないように頑張りたい」と刺激を受け、結果につなげた。

 同校出身の先輩でもある原辰徳監督も「(大城は)いいところに自分の居を構えている」と、正捕手固定が進む大城に目を細めた。扇の要、チームの要として進化を続ける。

写真=BBM

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル