top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【コラム】葛城ミサトについて / 「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」に寄せて

Pouch[ポーチ]

【コラム】葛城ミサトについて / 「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」に寄せて

いつも漫画「サチコと神ねこ様」を掲載しているPouchから、シンエヴァの記事を依頼されて、これを書いている。

だが私は普段は漫画描きであるので、長い文章を書いて自分の考えをまとめることには慣れていないので大変稚拙で読みにくい記事となっているかもしれないが、愛情だけは詰め込んだので許してほしい。

エヴァンゲリオンが完結した。

1995年10月からテレビアニメでの放送がスタート。2021年3月に新劇場版4作品目にして、この物語は終結となった。

1995年、当時私は中学1年生であった。奇しくも主人公である碇シンジくんとほぼ同世代、まさに、と強調させていただいても問題ではないであろう「リアルタイム世代」である。

【新世紀エヴァンゲリオン放送開始】

広告の後にも続きます

千葉県九十九里浜沿いの、最寄駅もない小さな田舎の町で年寄りと暮らす農家の長女に生まれた私はあの頃、お姉ちゃんが欲しかった。

じき出来上がるだろう夕飯の匂いを嗅ぎながら、まだ小学生だった弟とテレビの前に座っていたら始まった新しい夕方のアニメ。それが『新世紀エヴァンゲリオン』だった

第1話から度肝を抜かれたシーンを今もはっきりと思い出せる。

弱気な主人公を外車で迎えに来たおねえさん・ミサト(今思えば本当にこの時のミサトは痛い。未成熟な精神が隠せないイキッた29歳の女すぎて痛い。自戒も込める)に、博士とアナウンスされて出て来る、水着に白衣(!)を着た気のおけなさそうな同僚のおねえさんのリツコ。

エヴァに感じた当時の「新しさ」はたくさんあるのだが、私は「ここ」がそうだった。

当時よくこんな妄想していた。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル