top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

助かったのは奇跡 重石を付けて真冬の川に捨てられた犬 その15か月後…

grape [グレイプ]

2020年1月、イギリスに住むジェーン・ハーパーさんが友人のジョアン・ベラミーさんと川沿いを歩いていた時のことです。

彼女たちは川の中から1匹の犬が顔を出しているのを発見します。

ジェーンさんは迷わず川に入り、その犬を助け出そうとしました。しかしなぜか犬の体が持ち上がりません。

よく見ると、犬の体にキャリーバッグがくくり付けてあり、そのバッグの中に大きな石が入っていたのです。

重石をつけて川に入れられた高齢犬

ジェーンさんたちはなんとか犬を引っ張り上げて、すぐに動物病院へ連れて行きました。

広告の後にも続きます

『RSPCA(イギリス動物虐待防止協会)』によると、救助された時の犬は低血糖、低体温の症状があり、尋常でないほど震えていたといいます。

犬を治療した医師は「あの時に緊急治療をしていなければ、おそらく助からなかっただろう」と語っています。

このメス犬はマイクロチップを装着していたため、年齢は10歳でベラという名前だと分かりました。

高齢で、いくつも健康上の問題を抱えていたベラを見た病院スタッフは「彼女は長くは生きられないかもしれない」と思ったそう。

ところがベラはそんな予想を覆し、少しずつ、確実に元気を取り戻していきます。

そしてベラは「生きたい」という強い意志と、病院のスタッフの献身的な看護により、15か月間という長い時間をかけて心身ともに見事に回復したのです。

  • 1
  • 2

TOPICS