top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

テレワークの苦労がにじむ…… オリックスの「働くパパママ川柳」発表

J-CAST会社ウォッチ

オリックスグループは、働きながら子育てに奮闘するパパとママの日常をテーマとする第5回「オリックス 働くパパママ川柳」の入賞19作品を、2021年4月14日に発表した。

大賞には兵庫県の49歳男性の「テレワーク 九九の呼吸が 漏れ聞こえ」が選ばれた。

新型コロナウイルスの感染拡大を背景に、テレワークなど時代を反映したテーマの作品が目立った。

過去最多の6万1813句が集まる

入賞作品は「パパ目線賞」として、

「パソコンも 子もフリーズの イヤイヤ期」(熊本県・39歳男性)
「聖火より 我が家は育児 リレーをし」(熊本県・48歳男性)
「テレワーク ママより仕事 楽と知る」(長野県・34歳男性)

広告の後にも続きます

「ママ目線賞」として、

「アルコール 飲まず手に塗り 君をハグ 」(埼玉県・31歳女性)
「居間は今 教室オフィス 保育園」(東京都・39歳女性)
「誰の声? 息子よそれは 部長です」(神奈川県・30歳女性)

「子ども目線賞」では、

「パパがいて ママの仕事が ふえている」(兵庫県・11歳女性)

「じぃじばぁば目線賞」には、

「コロナでも リモートできぬ 孫の守り」(三重県・59歳女性)

などが受賞した。

1~2月に郵送やインターネットで募集。6~95歳から過去最多の6万1813句の応募があった。

審査員の一人である浜田敬子さん(Business Insider Japanエグゼクティブ・アドバイザー)は、

「家族と向き合う時間が増えた1年、みなさんの家での経験がはき出されたリアルな作品が多かったと感じます。また、パパのみならず祖父母が育児にコミットしている様子もうかがえました。大賞をはじめ、読んだ人が励まされ、大変なことも笑いながらシェアできる句が選ばれたと思います」

と講評している。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル