top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

低視聴率発進、松たか子主演「大豆田とわ子」の賛&否ポイントとは?

アサジョ

 松たか子主演ドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」(フジテレビ系)が4月13日にスタートし、初回の平均視聴率は7.6%だった。

 松がドラマで主演するのは、2017年放送の「カルテット」(TBS系)以来、4年ぶり。しかも今作は、「カルテット」でタッグを組んだ坂元裕二氏の脚本だ。

 物語の始まりは、建設会社「しろくまハウジング」の新社長で、離婚歴3回の主人公・大豆田とわ子(松)が、元夫に会って確認しなくてはならないことが起こる。“会いたくない人には会わない”がモットーのとわ子は、渋々重い腰を上げるのだった。

 1番目の夫・田中八作を松田龍平、2番目の夫・佐藤鹿太郎を東京03の角田晃広、3番目の夫・中村慎森を岡田将生が演じている。

 視聴者の感想としては「『カルテット』みたいな感じもありつつ、テンポが良くて面白かった」「坂元ワールド全開! ナレーション、主演、共演者それぞれ持ち味が出て、脚本にうまくハマってる」など上々。特に松の歌唱力は「お風呂での松さんの鼻歌がめちゃくちゃ上手くて惚れ惚れ」「エンディングの松さんの歌唱力に感動」など絶賛された。

広告の後にも続きます

「感想は決して悪くはなかったのですが、視聴率は伸び悩みました。ドラマ冒頭、役者のセリフはなく、延々と続く伊藤沙莉のナレーションに対しては、賛否分かれたようです。作り手の新たな試みが、視聴者に受け入れられるかが課題かもしれません」(テレビ誌ライター)

 今後の展開に期待したい。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル