top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「キアンティ・クラッシコの産地を360度俯瞰する」アレッサンドロ・マスナゲッティ氏を迎えたオンラインセミナー開催

ワイン王国

「キアンティ・クラッシコの産地を360度俯瞰する」
「マップマン」アレッサンドロ・マズナゲッティ氏を迎えたセミナーを開催

 キアンティ・クラッシコ協会が現地と日本をオンラインで繋ぎ、ワインジャーナリストのアレッサンドロ・マズナゲッティ氏を迎えたセミナーを行った。マズナゲッティ氏は、2007年よりワイン産地のマップ作りに情熱を傾けてきた。そのマップは大きく評価され、彼は多くのワイン愛好家から「マップマン」として認識されているほどである。

 今回のセミナーではキアンティ・クラッシコ地区のテロワールをより深く理解すべく、マズナゲッティ氏が360度ビューのマップを用いて解説を行った。

[ 関連記事を読む – キアンティ・クラッシコ ]

広告の後にも続きます

 そして日本の会場では、キアンティ・クラッシコのアンバサダーであるジャーナリストの宮嶋勲氏が、キアンティ・クラッシコの世界へとナビゲートしてくれた。

キアンティ・クラッシコ 8つのテロワールを知る

 もともとキアンティ地方のみで生産され「キアンティ」として親しまれていたワインは、知名度と人気が上がるにつれその生産地域をキアンティ地方の外まで広げてきた。

 そこでキアンティ地方の伝統を守るため、キアンティ地方で生産されるワインだけを「キアンティ・クラッシコ」と名乗るようになったのだ。
 そのため、テロワールがワインに表現されていることこそ、キアンティ・クラッシコのワインにとって非常に重要だと言えるのだ。

 キアンティ・クラッシコ地区には多様なテロワールが存在する。より高品質なワインを生み出すためには、どれだけテロワールが表現できているかが重要。生産者たちは自分たちのテロワールをきちんと知り、その個性をワインに出していく必要性がある、とキアンティ・クラッシコ協会会長のジョヴァンニ・マネッティ氏はセミナーの冒頭で話す。

 また、そのワインを飲む人々もそのテロワールをある程度知っている必要があるのだ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル