top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【全身がパンク!?】ラジオ体操を「逆翻訳」したら想像以上にカオスだった

笑うメディア クレイジー

夏休みや体育祭でもお馴染みの「ラジオ体操」。Twitter上では「ちょっと変わったラジオ体操」が、視聴者の腹筋を破壊してくるwwと大反響となっています!

今回はYouTuberのバイヤー高橋さんが投稿した、「逆翻訳ラジオ体操」の動画を紹介しましょう!

広告の後にも続きます

パワーワードありすぎて腹筋が保たないんだがww

「逆翻訳」とはGoogle翻訳で一度外国語に翻訳した文章を、もう一度日本語に翻訳し直したもの。本来なら体操の動きを解説されているだけのラジオ体操が、逆翻訳ビームを受けると…超カオス状態にww

最初の『落雷』から始まった体操は、『全身がパンク』『横魔導士』『ワープして戻る』『ウィリー』などの謎ワードの洪水wwとてもツッコミが追い付かず、動画が終わるまで笑いっぱなしになってしまいましたw

このハチャメチャラジオ体操には、他のユーザーも爆笑と困惑の嵐だった模様ですw「電車で見るんじゃなかった…ww」「膝からメラゾーマ出てるw」「なんだこれ…最高ですww」といったコメントが殺到していました!

TOPICS

ランキング(ネタ)

ジャンル