top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

中田敦彦、シバターを絶賛する「悪口言った相手と良い関係を築ける」

yutura

2021年4月14日、「中田敦彦」(登録者数377万人)のサブチャンネル「中田敦彦のトーク- NAKATA TALKS」で「シバターについて思うことを全て話してみた」が公開されました。

中田にラブコールを送ったシバター

中田は今回、“物申す系”YouTuber「シバター」(登録者数121万人)について話します。

中田がシバターに初めて言及したのは、3月27日に公開された、中田と「宮迫博之」(登録者数140万人)のYouTube番組『WinWinWiiin』。
ゲストは総合格闘家兼YouTuberの「朝倉未来」(登録者数176万人)でした。

広告の後にも続きます

中田は、朝倉がYouTuberとして成功するまでの過程をプレゼン形式で解説。
その際、朝倉と縁の深いシバターの名前が何度も登場することとなりました。

これを受け、シバターは3月29日に「朝倉未来と宮迫・中田の番組を見たんだけどさ…」を公開、いつもの“炎上芸”で朝倉に物申しました。
加えて、シバターはMCの宮迫を「嫌い」「気持ち悪くてしょうがない」と批判。
一方中田に関しては「まあわりかし好き。わりかし認めてる」「どっかで話したい」と正反対のラブコールを送っていました。
(関連記事:シバター、朝倉未来に苦言「何でもかんでも自分の手柄にしてんじゃねえよ」

中田、シバターを絶賛する

中田は動画で、

シバターさんが凄いのは、喧嘩売って、ダメになったら泣けるところですよね

とシバターを分析。
「悪口言い過ぎちゃって、チャンネルごと潰れちゃった」“炎上系”YouTuberが多くいる中、シバターは「喧嘩売って喧嘩になったら盛り上がるし、そうじゃなくなったら謝ればいい」と、異質なスタンスを確立していることを評価し、

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル