top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

GW 開催決定!「イタリア映画祭 2021」新進気鋭から巨匠まで、世界の映画祭を席巻した作品、 バラエティーに富んだ11本の上映作品ラインナップ発表

cinefil

女性監督ジネヴラ・エルカンのデビュー作は、スター俳優のスカマルチョとロルヴァケルを迎えた切なくも コミカルな家族ドラマ。両親が離婚し、パリで母と暮らすジャン、セバスティアーノ、アルマの 3 兄妹は、 休暇でローマに住む父を訪れることになる。魅力的だが奔放な気質の父。8 歳の少女アルマは両親 が仲直りすることを願っているが、はたしてその日は来るのだろうか?デビュー作にして、ロカルノ国際 映画祭のピァッツァ・グランデのオープニング上映に選ばれる栄誉に浴した。

『ソーレ-太陽-』

監督:カルロ・シローニ
出演:サンドラ・ジマルスカ、クラウディオ・セガルッショ

カルロ・シローニ監督のデビュー作は養子縁組と人身売買の物語で、親子の関係や親になること について問いかける。貧乏なエルマンノと、赤ちゃんを売るためにイタリアに来た妊娠7カ月のポーラ ンド人のレナ。2人は見知らぬ関係だったが、子供を望む叔父が親戚間の養子縁組で新生児を 譲り受けるために、エルマンノは父親のふりをすることになる。ヴェネチア国際映画祭での受賞を皮 切りに世界約 40 カ国の映画祭で上映され、ヨーロッパ映画賞では European Discovery(最 優秀長編初監督賞)を受賞した。

『こどもたち』

広告の後にも続きます

監督:ジュゼッペ・ボニート
出演:パオラ・コルテッレージ、ヴァレリオ・マスタンドレア、ステファノ・フレージ

イタリア映画祭でおなじみの人気俳優コルテッレージとマスタンドレアが、子育てに奮闘しながらも 翻弄される夫婦を演じるコメディー。一人娘のアンナと幸せな生活を送っていた共働き夫婦のサラ とニコラは、2人目の子供ピエトロを授かることになる。第2子を持つ生活の大変さを友人らから 聞いていたもののなんとか乗り切れると思っていた夫婦だが、いざ 4 人の生活が始まると、自分た ちが思うようには物事が進まない。周囲の助けもなかなか得られず、家族のバランスは崩れていく。

『私は隠れてしまいたかった』

監督:ジョルジョ・ディリッティ
出演:エリオ・ジェルマーノ、オリヴェル・ヨーハン・エーヴィ

寡作な監督、ジョルジョ・ディリッティ(『やがて来たる者へ』)の長編 4 作目。20 世紀素朴派 の重要な画家で、ゴッホの名前も引き合いに出されることもあるアントニオ・リガブエの数奇な生 涯をたどる。イタリア人移民の子としてスイスに生まれるが、本人の意に反してイタリアに追放さ れる。貧困にあえぎ、時には精神を病むことがありながらも、芸術への情熱は絶やさずに独自の 道を歩み続ける。リガブエに扮したエリオ・ジェルマーノが圧巻の演技を披露し、ベルリン国際映 画祭で最優秀男優賞を受賞した。

『悪の寓話』

監督:ディンノチェンツォ兄弟
出演:エリオ・ジェルマーノ、バルバラ・キキャレッリ

新しい世代の台頭を予感させる 1988 年生まれで双子のディンノツェンツォ兄弟の長編 第 2 作は、とりたてて変わったことはなさそうな日常が徐々に壊れていく群像劇。ローマ郊 外、夏。近所と程良い関係を築き、息子と娘が成績優秀なプラチド家には特に問題がな く、普通の家族のように見える。だが、実のところは子供たちに無関心だったり、父親にはサ ディスティックな傾向があったりし、周囲の大人たちの醜悪さを見抜いている子供たちは大 胆な行動を取る。ベルリン国際映画祭で最優秀脚本賞を受賞。

『我らの父よ』

監督:クラウディオ・ノーチェ
出演:ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ、バルバラ・ロンキ

監督の実体験を基にしつつ、想像の要素も巧みに盛り込んで普遍的な物語に昇華させ たクラウディオ・ノーチェ監督(『アイス・フォレスト』)の長編第 3 作。ローマ、1976 年。 10 歳のヴァレリオは、警察幹部の父が自宅前でテロリストに襲撃されるのを目の当たりに してしまう。壮絶な現場の記憶がぬぐえず心に傷を負うヴァレリオだが、素性が分からない 不思議な少年クリスティアンと出会い、人生が変わっていく。主演のファヴィーノが、ヴェネチ ア国際映画祭で最優秀男優賞を受賞した。

『憎むなかれ』

監督:マウロ・マンチーニ
出演:アレッサンドロ・ガスマン、サラ・セッラヨッコ

マウロ・マンチーニ監督の長編第1作は、ユダヤ人とネオナチの予期せぬ出会いと関わりを 通して憎悪の連鎖や償いについて描くドラマ。トリエステに暮らす裕福なユダヤ人外科医 のセグレは、カヤックで運動中に車の交通事故を目撃する。瀕死の状態の運転手を助け ようとするが、胸に彫られたナチスのタトゥーに気づき、救いの手を止めてしまう。運転手は 亡くなり、罪悪感にとらわれたセグレは遺族を突き止めようとするが……。ヴェネチア国際 映画祭の批評家週間で Francesco Pasinetti Award を受賞。

『靴ひも』

監督:ダニエーレ・ルケッティ
出演:アルバ・ロルヴァケル、ルイージ・ロ・カーショ、ラウラ・モランテ

名匠ルケッティ(『ローマ法王になる日まで』『ワン・モア・ライフ!』)の最新作は、いびつ な関係だが愛と絆によってつなぎとめられる家族の物語。ナポリ、1980 年代初頭。息子 と娘を持つ夫婦の平穏な暮らしは、夫が浮気を告白したことで終わりを告げる。夫は家を 出て、残された妻と子供たちは不在の夫の影に翻弄される。夫婦役のロルヴァケルとロ・カ ーショに加えて、L・モランテ、S・オルランド、G・メッゾジョルノら豪華キャストが出演。ヴェネ チア国際映画祭オープニング作品。

『略奪者たち』

監督:ピエトロ・カステッリット
出演:マッシモ・ポポリツィオ、マヌエーラ・マンドラッキア

名優セルジョ・カステッリットを父に持つ 1991 年生まれのピエトロ・カステッリットの監督第 1 作。相反する社会的背景を持つローマの二つの家族の出会いと衝突をブラックな笑いで 包んだ本作は、ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門の脚本賞を受賞し、鮮烈なデビュ ーを飾った。ブルジョアでインテリ層のパヴォーネ家と、プロレタリアートでファシストのヴィズマ ーラ家。別々の世界を平行して生きてきた両家がある交通事故によって交わることから、 不穏な出来事が連鎖していく。

『わたしはダフネ』

監督:フェデリコ・ボンディ
出演:カロリーナ・ラスパンティ、アントニオ・ピオヴァネッリ

ダフネは快活なダウン症の女性。スーパーで働きながら両親と暮らしていた。ある日、愛 する母が急逝。ダフネは、行く末を案じ落ち込む年老いた父親を誘い、母の生まれ故 郷への旅を提案する。その旅は、家族の死を乗り越え互いを理解し合う、かけがえのな いものになっていく。第 69 回ベルリン映画祭パノラマ部門に出品され、国際批評家連 盟賞受賞。映画初出演のダフネ役、カロリーナ・ラスバンティの軽やかで自然体の演技 に観客は瞬く間に魅了された。7 月岩波ホールを皮切りに全国順次公開

▼東京会場

会期: 4月30日(金)~5月5日(水・祝)
会場:ユーロライブ
(東京都渋谷区円山町 1-5 ユーロスペース内/KINOHAUS 2F)
主催:イタリア文化会館、朝日新聞社、イスティトゥート・ルーチェ・チネチッタ
特別後援:イタリア共和国大統領
後援:イタリア大使館
協賛:フェラガモ・ジャパン株式会社
公式 twitter:@italianfilmfes

一般の方のお問合せ:050-5542-8600(ハローダイヤル)
※チケットは4月17日(土)11:00からユーロスペースHP(euro-ticket.jp)・劇場にて発売。 ※前売り一般1,500円/学生1,200円、当日一般1,800円/学生1,500円

▼オンライン上映

会期:5月13日(木)~6月13日(日) ラインナップは順次発表予定です。ご鑑賞は「イタリア映画祭2021」HPのオンライン上映ページから。

イタリア映画祭2021 G.W.開催!

イタリア映画祭2021

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル