top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

GW 開催決定!「イタリア映画祭 2021」新進気鋭から巨匠まで、世界の映画祭を席巻した作品、 バラエティーに富んだ11本の上映作品ラインナップ発表

cinefil

「日本におけるイタリア年」をきっかけに 2001 年に始まり、毎年春の恒例イベントとして今年で 21 回目の開催となる「イタリア映画祭2021」が、東京・大阪にて開催が決定いたしました。あわせて上映作品のラインナップを発表されました。

昨年は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて春の開催を見送らざるをえませんでしたが、それでも実現への道を模索し初めてオンライン形式での上映に取り組みました。今年もまだコロナ禍が続く困難な状況ではありますが、その流れを汲み、東京・大阪2拠点での開催と合わせて、オンライン上映も併用し、バラエティーに富んだイタリア映画が紹介されます。 今年の上映作品は、新進気鋭から巨匠まで、世界の映画祭を席巻した作品、バラエティーに富んだ各ジャンルが取り揃えられ、最新のイタリア映画11本が日本初お目見え。

昨年のヴェネチア国際映画祭オープニング作品、名匠ダニエーレ・ルケッティ(『ロ ーマ法王になる日まで』『ワン・モア・ライフ!』)の最新作『靴ひも』は、アルバ・ロルヴァケル(『おとなの事情』『幸福なラザロ』)とルイージ・ロ・カーショ(『シチリアーノ 裏切りの美学』『いつだってやめられる』シリーズ)が夫婦役で共演する家族の物語。 寡作な監督、ジョルジョ・ディリッティ監督(『やがて来たる者へ』)7 年ぶりの長編 4 作目『私は隠れてしまいたかった』は、ゴッホの名前も引き合いに出されることもある 20 世紀素朴派の重要な存在であり孤高のイタリア人画家アントニオ・リガブエ の数奇な生涯をたどる。主演のリガブエに扮したエリオ・ジェルマーノが圧巻の演技を披露し、ベルリン国際映画祭で最優秀男優賞を受賞。
特別上映として、7/3 より全国順次公開が決定している『わたしはダフネ』も上映。映画初出演のダフネ役、カロリーナ・ラスパンティの軽やかで自然体の演技は必見、いち早く観ることのできる機会となっています。
※東京は会場が有楽町朝日ホールからユーロライブへ変更となりました。
大阪の情報については、公式サイトで続報を告知いたします。

広告の後にも続きます

▼上映作品ラインナップ

『泣いたり笑ったり』

監督:シモーネ・ゴダノ
出演:アレッサンドロ・ガスマン、ジャズミン・トリンカ、ファブリツィオ・べンティヴォッリョ

シモーネ・ゴダノ監督の第2作は、LGBTQ を題材にしたコメディー。ガスマン、トリンカ、ベンティヴォッリ ョと華やかな出演者が並び、エンターテインメントに仕上がっている。裕福でオープンマインドだが利己 的なカステルヴェッキオ家と、保守的な価値観を持つ労働者階級のペターニャ家。対照的な家族が 海辺の別荘で一緒に夏の休暇を過ごすことになる。それぞれの家族の長であるトニとカルロだけが知 っている秘密があり、それが明らかになると騒動が巻き起こる。

『もしも叶うなら』

監督:ジネヴラ・エルカン
出演:リッカルド・スカマルチョ、アルバ・ロルヴァケル

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル