top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

スラスラ読めない大人の漫画『違国日記』の名言に打たれる

ホンシェルジュ

「このマンガがすごい!2020 オンナ編」で10位を獲得した『違国日記』は、大人世代を中心に人気を集めています。この記事では『違国日記』の見所や名言をネタバレありでご紹介!

価値観も生き方も異なる叔母と姪の同居生活を描きながら、ぶつかりながらもお互いに歩み寄っていくさまに励まされる作品です。

大人たちが大絶賛の『違国日記』!理解し合えない者同士の同居生活

連載開始後、大人世代を中心にじわじわと人気を集めている漫画があります。それは「FEEL YOUNG」にて連載されているヤマシタトモコの漫画『違国日記』。人見知りの小説家・高代槙生(こうだいまきお)が、両親を事故で亡くした姪・田汲朝(たくみあさ)を勢いで引き取り、同居生活を始めるというストーリーです。

同居生活の中で衝突したり、人生に悩む朝に対して放たれる槙生の名言に「心が救われる」と、さまざまなメディアから絶賛されています。過去には「ブクログ大賞マンガ部門」で大賞、「このマンガがすごい!2020オンナ編」で第10位を獲得しました。

作者のヤマシタトモコは本作の制作にあたって、誰かを大切にしたり尊重できる優しい作品を描こうと考えたそう。価値観も生き方も異なり、お互いを理解し合えない者同士が、相手の言動に傷つきながらも、決して相手を否定せずに尊重していく姿が描かれています。人との向き合い方、個々の生き方を考えさせられる作品です。

 

小説家の叔母と両親を亡くした少女【あらすじ】

『違国日記』1巻

姉夫婦が事故に遭い亡くなったと知らせを受け、駆けつけた高代槙生は、そこで数年ぶりに姪の田汲朝と再会します。葬儀の場で親戚中から養育を拒否されてしまう朝。それを見た槙生は、彼女を放っておけずに引き取ることを決断します。

広告の後にも続きます

しかし、槙生はある重大なことを忘れていました。それは彼女が、極度の人見知りであるということ。朝を引き取った翌日、彼女は早速人見知りを発動してしまうのです。

母親とも先生とも明らかに違う、大人らしくない大人・槙生との同居生活に戸惑う朝。それでも素直な性格で受け入れ、新しい生活を始めていきます。極度の人見知り小説家と素直過ぎる姪が、互いを認め合いながら歩み寄っていく歳の差同居ストーリーです。

著者ヤマシタトモコ 出版日2017-11-08

 

何かしらダメな部分を持った登場人物たち

こちらのセクションでは、槙生と朝の同居生活に深く関わっていく登場人物を紹介します。

高代槙生(こうだいまきお)

『違国日記』1巻

35歳独身の少女小説家で、「こうだい槙生」というペンネームで活動しています。かなりの人見知りでかつ、掃除や片付けも苦手。さらに嘘をつくのが極端に下手な性格で、他の人のように当たり前にできない自分に負い目を感じています。朝の母親・実里(みのり)とは確執がある様子。

田汲朝(たくみあさ)

『違国日記』1巻

15歳の女子中学生。中学3年生の冬に両親を事故で亡くしますが、槙生に引き取られて同居生活を始めます。人懐こくて素直な性格ですが、思ったことをそのまま口に出してしまう欠点も。まだ、両親を失った悲しみを感じられておらず、少し戸惑っている様子。

高代実里(こうだいみのり)

『違国日記』1巻
  • 1
  • 2

TOPICS