top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【トヨタ クーペ一覧】新車全3車種の特徴&評価|2021年最新版

MOBY

新車で買えるトヨタのクーペは3車種

トヨタ カローラレビン ae86
トヨタ カローラレビン ae86

スポーツカー好きにはたまらないクーペ。その中でもトヨタのクーペは運動性能、パワーそしてスタイリッシュなデザイン等、個性的な車種が多く根強いファンから支持されています。

人気アニメの影響や希少性の面から、人気車種も多くあります。トヨタファンそしてクーペ好きの方は見逃せない、トヨタのクーペ人気車種を一気にご紹介します。

【トヨタカローラレビンAE86】歴代最後のFR軽量スポーツカー

86

トヨタ 86
現行モデルの発売年月:2012年4月発売
現行の最低価格:267万円~

トヨタ・86は、AE86型カローラ・レビン、スプリンター・トレノの人気により、現代の部品で復刻再現されたモデルともいえます。

この86は、かつて生産されたトヨタのスポーツカー、セリカ、スープラ、2000GTなどのデザインがいたるところにちりばめられており、ミックスジュースのような仕上がりになっています。

現行からモデルチェンジで、GRシリーズ第3弾となる86は、

概要

広告の後にも続きます

86のエンジンは、もうすぐモデルチェンジです。従来の2000ccから、2400ccになり、かなりの性能が向上すると思われます。

従来のFA20エンジンは、86mm86mmのスクエアなボアストロークで、回転やレスポンスにメリットはあるものの、トルク不足を感じることの多いエンジンでした。 次世代は、2400ccへするためにボアが広げられ94mm86mmとなっています。これによって、パワーは235ps/7000rpm、トルクが25.5N・m/3700rpmになり、パワーが従来より約35psアップ、トルクが従来より約5N・mアップしています。

最大パワー発生回転数や、最大トルク発生数を見る限り、従来の7500rpmから始まるレッドゾーンは、排気量アップ後も変わらずに中・高回転型のエンジンへ仕上がっていると考えらえます。

評価

現在トヨタがラインナップするGRシリーズで、2575mmと一番ホイールベースが長いGR86は、挙動が最も穏やかな仕様ともいいかえられます。

今回の進化は、「86ファンに喜んでいただける、86らしい進化」を意識しているとしており、「操作に対してダイレクトなドライブフィールによる操る楽しさ」が86の魅力です。

今回のトルクアップによって、中回転域では、よりアクセルコントロールが容易になる性能がありますので、楽しくドライブできるでしょう。

【新型トヨタ 86】フルモデルチェンジはいつ?スバル BRZは北米デビュー!最新情報まとめ

コペンGR Sports

コペンGR Sports
現行モデルの発売年月:2019年10月発売
現行の最低価格:238万円~
  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル