top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

なんとSKE48荒井優希がアイドルとプロレスの二刀流宣言!5.4後楽園で本格デビュー 松井珠理奈も参加?

リアルライブ

 サイバーファイトの東京女子プロレスが14日、東京・港区のOPENRECスタジオで記者会見を開き、名古屋・栄を拠点にする人気アイドルグループSKE48の現役メンバーで、「第10回AKB総選挙」で28位に入った荒井優希が5月4日の東京・後楽園ホール大会で本格的にプロレスデビューを果たすことが発表された。荒井は17日の後楽園大会に来場し、あいさつを行う。

 13年11月に「第1回AKBグループ ドラフト会議」でSKE48チームKIIに加入した荒井は、18年2月23日に愛知県体育館で開催された豆腐プロレスのリアルプロレスイベントにバブリー荒井のリングネームで参戦。同年10月10日、DDTプロレスが管理するアイアンマンヘビーメタル級王座を獲得し、同月28日のDDT・後楽園大会で、同王座を争奪する時間差入場女子バトルロイヤルに出場した経験を持つが、今回は本格的なデビューとなる。

 冒頭、サイバーファイトの高木三四郎社長は「以前に荒井さんがアイドルとしてDDTの大会に出ていただいたんですけど。豆腐プロレスとかに参戦しているっていうのは知ってはいたんですけど、そのときカカト落としをやったんです。それがものすごい華があったんですよ。『すごいリング映えする方だな』と思いまして。『この子が女子プロレスを本格的にやったら、すごい逸材になるんじゃないかな』と思っていまして。それから2年近く、SKE48さんの運営サイドですとか、いろいろな方面から話を続けておりまして、ようやく本人の中でOKが出たということで、非常にうれしく思っております。女子プロレス界、すごく盛り上がってきておりますので、その中でもひときわ目立つ存在になってもらいたいという気持ちもあります。東京女子プロレスに参戦していただいて、大いに盛り上げていただきたいと思っております」と経緯を説明。

 東京女子プロレスの甲田哲也代表は「もともと豆腐プロレスで試合をしたり、DDTの試合に出たこともありまして、基礎的なことはすでに習得してあったんですが、今年に入り本格的にプロレスの練習を開始しました。まず4月17日に東京女子の後楽園大会でリング上からのあいさつということで来場いたします。そして、5月4日、同じく東京女子の後楽園大会でデビュー戦という形で行いたいと思っております。デビュー戦の対戦カードについては、現在のところ未定です。デビュー戦に向けまして、入場曲、試合コスチュームの準備はしております。5月4日以降に関しては、アイドルとしての活動と並行しながら、プロレスラーとして活動していくことになりますので、スケジュールの調整等は必要になりますが、現在のところ月に1回くらいのペースで試合をしてもらう予定でおります」と話し、荒井の参戦が継続的なものであることを明言している。

 本格デビューに向けて、荒井は「前回DDTさんの試合に出させていただいた時に、ファンの皆さま、見に来てくださっている方の優しさをすごく感じたのも今回すごく決め手となりました。普段からアイドルとしての私を応援してくださっているファンの皆さまも、すごいやさしい方ばかりなので、私が決めたことなら付いてきてくれるんじゃないかなって。皆さんを信じる気持ちもすごくありましたので、今回はあまり迷うことなく即決で決めさせていただきました。SKE48に中学生から入ったので、7年、8年くらい経つんですけど、ライブとか握手会とか、いろんなお仕事をさせていただく中で、またもう一つファンの方に楽しんでもらうようなことができたらなという強い気持ちで決めたことなので。皆さんにたくさん応援してもらえるようなプロレスラーになれるように、まだまだ未熟なんですけど、もっともっと技を磨いていきたいと思います。私は、数年くらい前から、ちょっとふざけてなんですけど、『海外もめざしてます』と何回か言ってたことがあって、ファンの方にも『頑張ってね!』って、すごく言ってもらってたので、今回は英語での実況もあるということなので、ちょっと本格的に頑張っていきたいなという気持ちもあります。まだまだ一番新しい後輩になるので、全然先輩方にはかなわないと思うんですけど、ゆくゆくは皆さんを倒せるくらいの強いレスラーになることを目標にしています」と決意表明。先ごろ卒業コンサートを行ったSKE48の先輩で、豆腐プロレスではハリウッドJURINAのリングネームで活躍した松井珠理奈とはこの件でも頻繁に連絡を取り合っており、デビュー戦には応援に駆けつける予定とのこと。

 アイドルとプロレスとの違いについて、荒井は「アイドルとして、いろんなステージに立たせてもらってるんですけど。もう8年、9年やってて、壁にぶち当たることがほとんどなくなってしまって。今回プロレスの練習を始めてみて、できないことが本当に多くて、練習も全然足りないって思って家でたくさん練習したりとか。そういう感覚が本当に久しぶりだったので、今はそれを一個ずつクリアしていくことが本当に楽しくて。それでプロレスのリングに上った時も、あっという間だったんですけど。アイドルでやってる時はいろんなメンバーがいるので、私だけを見てもらえる時間っていうのは本当に少ないと思うので、リングに立つ時はみんなが見てるっていう、すごいSKEでは体験できないことが体験できるので。どっちも好きなんですけど、プロレスのリングでは、よりみんなに見られてるっていう自覚を持ってやっていきたいなって思います」と語った。

  高木社長は「また一つ東京女子がステップアップするために、彼女の参戦というのは、アイドル界で見てきた世界と違うと思うんですね。そういったことが現場の選手にもいい意味で刺激になればいいなと思ってます。私個人としては感無量であります。こういう取り組みから、また何か新しいものが生まれてくるかもしれませんので」と荒井に期待を寄せていたが、サイバーファイト全体にとっても荒井の“二刀流”は大きな戦力になるのは言うまでもない。

(どら増田)

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル