top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

玉木宏主演新ドラマ「桜の塔」シリーズ化を予感させるキャスト陣

アサジョ

 玉木宏主演ドラマ「桜の塔」(テレビ朝日系)が4月15日にスタートする。

 物語は警視庁を舞台に、その頂点である警視総監を目指し巻き起こる組織内のパワーゲームを描きながらも、野望と正義が入り乱れる究極の人間ドラマ。

 主人公の上條漣(玉木)は、警視庁捜査共助課の理事官。幼少期のある出来事が火種となり、権力を渇望するようになり、警視総監を目指す。

 上條の幼なじみで、正義感あふれる警視庁捜査一課の水樹爽を広末涼子が演じる。この2人の関係性と出世レースの両面で、不穏な一石を投じそうな千堂優愛を演じるのは仲里依紗。警視庁刑事部長を父に持ち、欲しいものは何でも手に入れてきた千堂は、上條の魅力に取りつかれ固執する。

 権力闘争の中心人物には、「東大派」の警務部長・吉永晴樹(光石研)、「薩摩派」の警備部長・権藤秀夫(吉田鋼太郎)。そして、上條に目をかける「外様派」の刑事部長で優愛の父・千堂大善を椎名桔平が演じる。また、上條を気にかける銀座の高級クラブのママ・小宮志歩を高岡早紀が演じ、華を添えている。

広告の後にも続きます

「警察ものが得意なテレビ朝日の作品とあって、早くも視聴者の期待が高まっています。警視庁における出世バトルに参戦する吉永、権藤、千堂を演じるのは、一癖も二癖もあるベテランばかり。彼らがどんな火花を散らすのか、想像するだけでもワクワクします」(テレビ誌ライター)

 同局お得意のシリーズ化が期待できそうだ。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル