top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

紀平凱成、ハタチを迎えデビュー会場に凱旋! 温かな拍手に包まれた『KYLE's 20th Birthday Concert』夜公演レポート

SPICE


2019年のデビューアルバム リリース、また、昨年2020年のコロナ禍での自粛生活など、さまざまな経験を経て、さらなる活躍をみせるピアニストの紀平凱成。

2021年4月2日(金)、紀平は20歳の誕生日を迎えた。喜びあふれる二十歳(はたち)のバースデー。​同日、東京・渋谷のeplus LIVING ROOM CAFE & DININGにおいて、『KYLE's 20th Birthday Concert』と題されたライブ・コンサートが開催された。紀平にとって、デビュー会場となった思い出の舞台での凱旋公演。紀平をあたたかく見守ってきた数多くの聴衆に迎えられ、会場にはエキサイティングな高揚感とともに、終始、和やかな雰囲気が漂っていた。昼夜二回にわたって行われたライブ・コンサートの夜公演の模様をお伝えしよう。


白いスニーカーに黒のスタイリッシュなロングのジャケットコートで颯爽と登場した紀平凱成。客席に笑顔で手を振ると、いつものように手を大きく振り上げ、太陽を仰ぐように精神統一。最初の演奏曲目は、紀平が最も尊敬しているというロシアの作曲家カプースチンの「夜明け」。ブルース風の都会的な曲を、紀平は身体全身を揺らし、洒脱なリズムをダイナミックに感じながら奏でる。ブルーやレッド系のスポットライトが、ジャズセッションの舞台のように品よく雰囲気を盛り上げる。


広告の後にも続きます


一見、ラウンジミュージックのようにも聞こえてくるが、そこは自らも技巧派のピアニストとして知られるカプースチンの作品。軽やかでアクロバティック風な右手のパッセージの美しい響きに、早くも紀平の持ち味全開。対して、左手が紡ぎだすバスパートの安定感と多彩な表情、そして、メロディラインとの絶妙なバランス感覚が秀逸だ。第一曲目から、紀平は自らの世界観を描きだす。

二曲目は同じく、カプースチンの作品から「24の前奏曲」より第24番。ブギウギ調の曲を冒頭からアップビートのテンポで聴かせ、息もつかせぬ華麗なテクニックの応酬に、会場も次第に熱気を帯びてくる。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル