top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

鹿ボクサー?二足立ちでボクシングを開始する2匹のオスのファイッ!

カラパイア

鹿が二足立ちでボクシング

 このポーズ、どこかで見たことあると思ったらカンガルー。だが向かい合って二足立ちしているのは鹿である。

 まるでボクサーさながらに向かい合ってパンチを繰り出す2匹のオス鹿。その原因はわからないが、とにかく2匹は闘志むき出しにしてボクシング勝負をしたようだ。

Incredible video shows two majestic stags standing on their hind legs and start boxing | SWNS

突如始まった、鹿ボクサーのボクシング


 先月、イギリス、レスターシャーにあるブラッドゲートパーク森林公園で2匹の雄の鹿がファイティングポーズよろしく二足立ちで向かい合い、ボクシングさながらのパンチ合戦が繰り広げられたという。

 撮影したのはパークレンジャー助手ののカーラさん。

 カーラさんが、オスのアカシカに餌を与えていたところ、突如1本角の鹿が後ろ足で立ち上がり、ファイティングポーズをかましたという。

1_e

 その挑発に応じるかのようにアカシカも二足立ちとなり、戦闘が開始された。ボクサーのようにパンチ攻撃を展開したという。

2_e

鹿のマウンティング行為?


 それにしても鹿がファイティングポーズをとることがあるのだろうか?この公園のシニア・レンジャーであるマシュー・モレスデールさんによると、鹿は他のオスに対し、優位性を示すためにこのような行為を行うことがあるという。

 二足立ちするのは、大切な角を狙われないようにするためなんだとか。

 鹿の角は天敵と戦うためのものだと思われがちだが、実際はそうではない。立派な角を持っているオスの方がメスにもてるからだ。角の立派さが強さの証でもあるので、武器としてではなく象徴として大切にしているのだそうだ。

 角は折れてもまたすぐに新しい角が伸び始めるのだが、10月の繁殖期のシーズンに角がマックスな状態である方が望ましいので、オスの鹿は角の調整に余念がないのだ。  

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル