top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

UUUMの決算資料でYouTuberの収入予想 コムドット・48-フォーエイトが躍進

yutura

4月14日、UUUMが四半期決算を発表しました。
UUUMは「ヒカキン」(登録者数908万人)や「はじめしゃちょー」(同915万人)を擁するYouTuber事務所の最大手で、マザーズに上場しています。

決算資料には、所属のYouTuberの広告収入や再生回数が記載されていますので、ユーチュラでは、これをもとに1再生あたりの広告単価を計算し、YouTuberの広告収入を試算しています。

1再生あたりの広告収入は過去最高

今回発表されたのは2021年5月期の第3四半期(12~2月)の決算。
業績についてはここでは割愛して、広告収入と再生数のみ紹介します。

YouTubeの広告収入(グーグル・アドセンス)は36億7700万円
動画の再生回数は113億4500万回でした。
1再生あたりの広告収入は約0.324円で、過去最高(2017年以降)となっています。

前年同期比だと、アドセンスは5.3%増、再生数は16.6%増です。

チャンネル数は増加も平均再生数は低下

広告の後にも続きます

このところ人気クリエイターの退所のニュースが相次いでいるUUUMですが、期末のチャンネル数は1万3767で、前四半期より1000チャンネル以上も増加しています。

ただし、総再生数は前四半期の115億7600万回から2%低下しているため、1チャンネルあたりの月平均再生数は27万4691回で、前四半期の30万3140回から9%低下。
小規模なチャンネルが増えているようです。

1チャンネルあたりの再生数は、ここ2年ほど右肩下がりの傾向です。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル