top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

関口メンディーが25歳で痛風に… 社長も思わず「やめてくれ」

fumumu

13日深夜放送の『グータンヌーボ2』にGENERATIONS from EXILE TRIBEの佐野玲於さんが登場。

同グループのメンバー・関口メンディーさんが25歳にして痛風を患っていたことを明かしました。


■突然ジムで倒れる

この日、Da-iCEのボーカリスト・大野雄大さん、そして番組MCの満島真之介さんと創作料理を楽しみながらトークを繰り広げた佐野さん。

『フォアグラのソテーお寿司仕立て』という料理を前に「痛風だね」「こういうのはもう痛風です」と盛り上がる中、「1回メンバーのメンディーくんがジムでいきなりぶっ倒れて足を天井に向けて『ああ~!』って言いだして」と、まさかの痛風エピソードを披露しました。


広告の後にも続きます

関連記事:

■社長も思わず「やめてくれ」

突然の出来事に佐野さんが「どうしたの?」と声をかけたところメンディーさんは倒れながらも「痛風があー…!」と悲鳴を上げていたのだそう。

実はつま先が痛風になっており、トレーニング中に症状が出てしまうという悲劇に見舞われたようです。

当時25歳前後という若さであるにも関わらず病を患ったメンディーさんに対し、LDHの社長・HIROさんは「お前の年で痛風とか悲しいからやめてくれ」と一言。

佐野さんはその様子を回想しながら「ビール飲まれる方はやっぱ…ビーラーは結構(痛風にかかりやすい)。メンディー君はめちゃくちゃビーラーなんですよ」と明かしました。

■25歳は早すぎる
  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル