top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ジブリ作品に登場する実在車8選!トトロや千と千尋など人気作にも登場

MOBY

こんなに?車が登場するジブリ作品は多い!

ジブリの森のイメージ
©DONDON2018/stock.adobe.com

ジブリ作品には、実はたくさん車が登場するのです。車種がはっきりわかるものもあれば、マニアにしかわからないようなものまで、意外にもジブリ作品と車の関係は深いようです。

その中から、「となりのトトロ」「千と千尋の神隠し」など、大人気作品を含んだ6作品を、映画公開の時系列順に車種をご紹介します!

東京都内・関東周辺にある「ジブリ映画の聖地」11選を観光しよう!

となりのトトロに登場する実在車:ダイハツ ミゼット

トトロの木
©kengo miura/stock.adobe.com

スタジオジブリのロゴにも取り上げられるほどのジブリ代表作といえる「となりのトトロ」。

森の主・トトロと、さつき、メイたちの不思議な出会いが描かれた作品です。そんな誰もが知る「となりのトトロ」ですが、作中ではお父さんが車に乗っている描写があります。

ダイハツ ミゼットDK

ダイハツ 初代ミゼット DKA型

この車、実は軽自動車規格の三輪自動車です。三輪自動車というと今はあまり聞き慣れないかもしれませんが、戦後、高価な車を買うことができない零細企業向けの廉価なモデルとして、ダイハツなどのオート三輪メーカーが販売していた大ヒット三輪自動車です。 「となりのトトロ」で出てくるDKタイプはまだまだ最低限の仕様で作られていたようです。

【ダイハツミゼット2はカスタム性の高い軽貨物車】改造例や実燃費とターボ評価

魔女の宅急便に登場する実在車

空飛ぶ魔女のイメージ
©Masson/stock.adobe.com

広告の後にも続きます

思春期の最中にある魔女のキキが自分の特技である「魔法」を活かして、次第に独り立ちしていく様子が描かれています。主人公のキキはもちろんのこと、作中に出てくる黒猫のジジが好き!という方も多いのではないのでしょうか。

作品の舞台になった街はスウェーデンともクロアチアとも言われており、作中にはヨーロッパの車がたくさん出てきます。

シトロエントラクシオン・アヴァン

シトロエン トラクシオン・アバン
©Shutterstock.com/Clari Massimiliano

トラクシオン・アヴァンは、フランスのシトロエン社が1934年〜1957年まで製造・販売していた乗用車です。

シトロエンといえば、いち早く前輪駆動を開発したり、窒素ガスによる高気圧油圧師制御式の独自のサスペンションを開発したりという、フランス大手の自動車メーカーですね。

作中では、はっきりとは車名は明かされていませんが、ドアの開き方やバンパーの具合が似ていることから、シトロエン トラクシオン・アヴァンなのではないかと言われています。

【シトロエン トラクシオンアヴァン】20世紀の車にも選出された前輪駆動の先駆車

フォルクスワーゲン タイプ1(ビートル)

フォルクスワーゲン タイプ1 (ビートル)
©Shutterstock.com/Art Konovalov

キキがニシンのパイを届けるシーンにおいて、街中を走る自動車が多く描写されます。その中のワンシーン登場するのが、フォルクスワーゲン ビートルです。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル