top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

岡田将生演じる慎森、メガネ×黒タートル×パーマに「最強すぎた」ゲスト出演の斎藤工にも反響

テレビドガッチ


松たか子が主演を務めるドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜21:00~)の第1話が、4月13日に放送。インターネット上では、松演じる大豆田とわ子を取り巻くキャストに心を奪われる視聴者が多くいた(以下、ネタバレが含まれます)。

本作は、『カルテット』『最高の離婚』など数々の連続ドラマを手がける脚本家・坂元裕二の完全オリジナル作品。3回結婚して3回離婚したバツ3・子持ち社長のとわ子が、三人の元夫たちに振りまわされながら日々奮闘するロマンティックコメディ。とわ子の一番目の元夫・田中八作を松田龍平、二番目の元夫・佐藤鹿太郎を角田晃広(東京03)、三番目の元夫・中村慎森を岡田将生が演じる。

建設会社「しろくまハウジング」の社長に就任したばかりのとわ子は、八作との間に生まれた中学3年生の娘・唄(豊嶋花)と一緒に暮らしている。ある日、亡くなった母のパソコンを触っていた唄が、パスワードが分からず困っていた。パスワード変更に必要な「初めて飼ったペットの名前は?」との質問を設定したのは、元夫の誰からしい。

うた子は三人に初めて飼ったペットの名前を聞いていくことにした。慎森は「しろくまハウジング」の顧問弁護士。カメラマンの鹿太郎は、自転車に轢かれたり、店員に無視されたり……どこか運がない。そして、八作は会社を辞めてレストランのオーナーになっていた。

家に帰るとトレードマークのメガネに黒のタートルネックを着た慎森が、唄に勉強を教えていた。彼は大豆田家出禁のはず。「出禁が解除されて嬉しいよ」と言うが、とわ子としては解除したつもりはない。あっけにとられていると鹿太郎がやってくる。唄は「シーズン2と、シーズン3だ」と笑みをこぼした。

鹿太郎も出禁の身であるにも関わらず、何かにつけて家に上がろうとする。最初は下手に出るが、家に入ると横柄になるのが鹿太郎だ。鉢合わせた慎森と鹿太郎はピリピリムード。「僕はあなたのことキライだから」「なんで先に言うの? 俺だって」などとぶつけあう二人に、とわ子は頭を抱えた。

ある日、徹夜明けで心身ともに疲弊していたとわ子。外でボーッと歩いていると、工事現場の穴にすっぽり入って泥だらけに。偶然通りかかった八作に助けてもらい、お風呂まで入れてもらった。お互いの近況報告をしていると、うつらうつら。そんな彼女を膝枕して介抱する八作。何気ない会話をする中、とわ子は、そのまま朝まで眠ってしまって……。

ネット上では、色気を放つ登場人物や、うた子の胸中を語る伊藤沙莉(ナレーション)について反応が。「沙莉ちゃんのナレーションが最高のサプライズで嬉しすぎ」「岡田将生さんにタートルネックのニットと伊達眼鏡を身に付けさせたスタッフさん誰や?????? 金一封渡させろ」「松田龍平が朝まで5時間膝枕を提供してくれる。なんて素晴らしいんだ!」「岡田将生のパーマ+眼鏡+ニットが最強すぎた」との声が。

また、ゲスト出演した斎藤工にも「松田龍平、岡田将生に斎藤工? この揃え方なに? 大豆田の人生羨ましすぎるだろ」「斎藤工さんの胡散臭いが笑えた! やっぱりな感じでw」などと反響が寄せられていた。

次回第2話は4月20日に放送。唄の思いつきにより、元夫たちを招いて五人ですき焼きパーティを開催することに。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル