top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『殴り愛、炎』後編はツッコミ祭り! 嫉妬に狂って壊れる育三郎、自分をぶん殴る市原隼人など謎展開の連続でした

Pouch[ポーチ]

『殴り愛、炎』後編はツッコミ祭り! 嫉妬に狂って壊れる育三郎、自分をぶん殴る市原隼人など謎展開の連続でした

鈴木おさむさんが脚本を務めるテレビ朝日系スペシャルドラマ『殴り愛、炎』。

前編の狂いっぷりもなかなかのものでしたが、2021年4月9日放送の後編は、さらに輪をかけて狂っていました……!

前編同様、後編でも光男(山崎育三郎さん)が大暴れするいっぽう、婚約者・秀実(瀧本美織さん)も恋敵・信彦(市原隼人さん)もなんか変!

怒涛の展開続きで、放送終了後に混乱する視聴者が後を絶たなかったんです。

【後編あらすじ】

秀実と信彦がキスしている現場を押さえた光男は、秀実を家に連れて帰ります。

広告の後にも続きます

恐ろしいことに、光男はふたりがキスしているところを動画撮影(!)しており、嫌がる秀実を前に「やっぱり秀実は無理やりキスされてる! やっぱり! やっぱりだよおおお!」と絶叫。

嫉妬に狂った光男はついに壊れて、山の中にポツンと置かれたロッカーの中に、秀実を監禁してしまうのです。

【秀実も信彦もどうした!?!?!?】

恐怖を感じた秀実は、信彦のもとへ駆けつけて「あなたが好き、私を連れて逃げて」と懇願。

秀実の光よりも速い心変わりに驚きますが、信彦も「逃げよう」と答え。これよりふたりの愛の逃避行が始まるのです。

しかしどこまで逃げようとも、光男の追跡を振り切ることはできません。

ついにふたりを見つけた光男は「この泥棒陶芸家あああああ!」と信彦を一喝(※信彦は陶芸家です)。寸止めパンチを繰り出して「僕の手はお前なんかを殴って汚さない」とけん制すると……。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル