top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

高杉真宙インタビュー 『バイプレイヤーズ』は「フィクションでありながら、役者の気持ちを代弁してくれている」

ガジェット通信

2021年1月より放送されたシリーズ最新作、ドラマ「バイプレイヤーズ~名脇役の森の100日間~」では、今までのバイプレイヤーズの規模を大きく越え、若手からベテランまで100人を超えるバイプレイヤーが集結。 そして、本シリーズ初の映画化となる映画『バイプレイヤーズ~もしも100人の名脇役が映画を作ったら~』が4月9日(金)より全国公開となります。

田口トモロヲさん、松重豊さん、光石研さん、遠藤憲一さんの「元祖バイプレイヤーズ」はもちろん、日本映画界を担うバイプレイヤー達が大集結している本作。高杉真宙さんは、濱田岳さんが制作する自主映画のスタッフとして、参加しています。本作出演のお気持ちや、撮影現場について、お話を伺いました!

――本作楽しく拝見させていただきました!まず、本作に参加してのお気持ちを教えていただけますか?

高杉:役者の一人としてこの中に入れるというのは、本当に嬉しかったです。元々拝見していましたし、皆さんがスーツ姿で並んでいるポスターがカッコ良いなあと思っていたので、自分もスーツで撮影させてもらえてテンションが上がりました。

フィクションではあるのですが、役者の気持ちを代弁してくれているというか、「そうだよな〜」とか「撮影ってこういう事あるよね」って思う所がたくさんあって。俳優だけではなくて、照明さんや音声さんなどの動きもあって、感動するシーンじゃなくても感動しちゃうというか。そういう部分もあって、いつか出演してみたいなと思っていました。

広告の後にも続きます

実際に「元祖バイプレイヤーズ」の皆さんとご一緒すると、やはり感慨深いものがあって、松居監督からは「負けないように、とにかく頑張れ!」と言われていました(笑)。

――映画にはさらにすごいメンバーが集結していますよね。

高杉:とてもたくさんの人が出演されていて、台本をめくってもめくっても名前が出てくるんですよね(笑)。映画でも「バイプレイヤーズ」らしい、撮影の裏側を見せていく部分もあって面白いなと思いました。

――ご一緒したり、完成した映画を観て、特に印象的な役者さんはいらっしゃいますか?

高杉:北村一輝さんがすごく印象的でした。ちらっとお会いしただけだったのですが、その日はすごく猛暑だったので、時代劇衣装はすごく大変だったと思うんです。このキャスティングで撮った「宮本武蔵」は本当に観てみたいですよね。

――どの作品のパロディも面白くて、本当に観てみたいものばかりでした! 高杉さんが演じるのが「高杉真宙」というのも本作の特徴だと思うのですが、実際に演じてみていかがだったでしょうか。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル