top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

スターダム“令和のデンジャラス・クイーン”ジュリア、ノーザンライトボムでプロレス界の頂点へ!

リアルライブ

 ブシロード傘下の女子プロレス団体スターダムが、春の最強決定トーナメント『シンデレラトーナメント2021』を開催している。

 1回戦では、昨年優勝したドンナ・デル・モンドのジュリアと、大江戸隊の琉悪夏(るあか)が対戦した。

 ジュリアは4.4神奈川・横浜武道館大会で舞華&ひめかとのドンナ・デル・モンド同門対決を制し、朱里とのコンビでゴッデス・オブ・スターダム王座を初戴冠したばかり。いきなりシングルの祭典に臨むこととなった。昨年のジュリアは初出場で初制覇、今年は岩谷麻優以来のシンデレラトーナメント連覇を狙う。

 1回戦の相手は大江戸隊入りして、ルアカから改名した琉悪夏だ。当初はビー・プレストリーとの対戦が予定されていたが、4.4横浜大会を最後にスターダムから離れることになったことから、リザーバーの琉悪夏がエントリーされた。

 ジュリアは「3分持ったら大したもの」と豪語したが、勢いに乗っている琉悪夏にとってジュリアとのシングル実現は大チャンスだ。トーナメントは何が起こるか分からない上、このトーナメントはオーバー・ザ・トップロープルールも採用されているため、毎年波乱が起こっている。

 試合は琉悪夏が先制攻撃を仕掛けるがジュリアがバックドロップを狙った。琉悪夏がこらえてマットにたたきつけるとビッグブーツ。琉悪夏はフィッシャーマンを放ったが、ジュリアがクリアーした。琉悪夏は、ボディースラムからフィニッシュを宣言してコーナーへ。冷凍庫爆弾を放つがジュリアがヒザを突き立てカット。ドロップキックにいくがこれを琉悪夏が切り抜けると、ジュリアはノーザンライトボム一発で3カウントを奪取。1回戦を4分21秒で片付けた。

 ノーザンライトボムは現役時代の北斗晶の必殺技。ジュリアは4.4横浜大会で初披露した際、「最後に出した技は、日本武道館で私をデンジャラス・クイーンと呼んだ、あの人の技は…。あの技で、女子プロレスで時代を作ったと私は思ってます。歴史を無視することはできないと、私はそう言ったことがあるんだけど、これから時代を作るには過去の歴史、偉大な力をお借りさせていただきたいと思ってます」と今後も使っていくことを明らかにしていた。

 北斗は3.3東京・日本武道館大会でテレビ解説を務めたときに、自身のキャッチコピー「デンジャラス・クイーン」に絡めて、ジュリアに「彼女がデンジャラス・クイーンだよ」という言葉を送っている。ジュリアはノーザンライトボムを使うことで応えたのだ。

 今後、ジュリアがスターダムの、いやプロレス界のトップに立つために、強力なアイテムを手に入れたと言ってもいいだろう。

(どら増田)

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル