top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

献立を考えるのが、しんどくなったら。料理研究家が勧める「2品」「14セット」理論

BOOKウォッチ

石原洋子の2品献立 おかずはいつものくり返しでいい!(世界文化社)<amazonで購入>

毎日の献立の悩みはつきない。冷蔵庫のストックや家族の好み……実は、献立を考えるのが一番面倒だったりしないだろうか。

2021年4月10日、『石原洋子の2品献立 おかずはいつものくり返しでいい!』(世界文化社)が発売された。著者の石原洋子さんは料理研究家で、自宅での料理教室は45年以上も続いているという。

著者の石原洋子さん(世界文化社提供)

本書では、2週間分2品献立をベースに、主催と副菜のアレンジを多数紹介していく。2週間後にはアレンジした主菜や副菜に変えていくとまた楽しむことができる。

さらに、ボリュームアップするためのスープやみそ汁、混ぜ・のっけご飯も紹介されている。食べ盛りのお子さんがいるおうちでもササっと大満足なメニューが作れそうだ。

では、本書の内容を一部紹介していこう。

広告の後にも続きます

■2品の献立を作ればOK!「2週間のおかずカレンダー」

画像は『石原洋子の2品献立 おかずはいつものくり返しでいい!』より(世界文化社提供)

鶏もも肉丸ごとのから揚げとサラダ。栄養のバランスが取れているし、何より、ボリュームがあっておいしそうだ。

画像は『石原洋子の2品献立 おかずはいつものくり返しでいい!』より(世界文化社提供)

本書では、基本の2品献立14セットと主菜のアレンジを紹介している。主菜に具材がたくさん入っているので、副菜はシンプルでOK。

満足度の高い献立になっている。

■料理工程はそのままに、アレンジレシピ多数!

画像は『石原洋子の2品献立 おかずはいつものくり返しでいい!』より(世界文化社提供)

基本の料理工程はそのままに、具材や味付けを変えてアレンジしていく。さらに、ボリュームを出す工夫についても触れられる。基本の主菜をアレンジしていくので、14セットでもマンネリにならない工夫がされている。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル