top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

胸キュン必至の大正ラブロマンス「嫁入りのススメ」発売

BOOKウォッチ

嫁入りのススメ1~大正御曹司の強引な求婚~(小学館クリエイティブ)<amazonで購入>

2021年4月9日、注目のコミック話題作「嫁入りのススメ1~大正御曹司の強引な求婚~」(小学館)が発売された。

本作は、女性向け電子コミックレーベル『comic donna(コミック・ドンナ)』で連載中。年下御曹司の突然のプロポーズから始まる、大正時代を舞台にした年の差ラブストーリーだ。

大手電子書店サイト『めちゃコミック』のネット広告展開で注目を集め、《めちゃレビュー大賞2020》特別部門1位にランクイン。さらに、Abema TV『シブザイル』の漫画アテレココーナーや、週刊誌『女性自身』で「2021年ドラマ化希望のネットコミックBEST10」に取り上げられるなど、今注目の作品だ。

本作のあらすじは以下の通り。

 時は大正時代、元・お嬢様の花宮蘭子(はなみや・らんこ)(24)は、高級カフェー「カシオペア」で働いている。家族からは行き遅れだの、恥ずかしいだの文句を言われているが、当の本人はどこ吹く風で仕事第一。
 そんなある日。仕事中に、良家出身と思われるイケメン大学青年から突然プレゼントをもらう。色めき立つ仕事仲間たちとは対照的に、わけのわからない蘭子は極めて冷静。だが、家ではとんでもない問題が! なんと、蝶名橋家の子爵様から蘭子に縁談の話が来ているというのだ。
 実は、かつて両家の祖父同士が、孫を結婚させる約束をしていたのだった。
 とはいえ、仕事も楽しく、結婚にもまだ興味のない蘭子は断るが、体裁を保ちたい両親の勢いに押され、しぶしぶ蝶名橋家へ向かうことになった。
 驚いたことに、その婚約者とは、カフェーでプレゼントをくれたあの青年・耀一郎(よういちろう)だった。無愛想な彼もこの結婚が嫌なのかと思ったら、意外にも乗り気のようで――!?

ほんの少しだけ、中身を紹介する(画像提供:小学館)。



広告の後にも続きます

大正時代のハイカラな雰囲気もオシャレ。蘭子と耀一郎の関係は、どう変化していくのか。ラブストーリーから目が離せない。


※画像提供:小学館

書名:  嫁入りのススメ1~大正御曹司の強引な求婚~ 監修・編集・著者名: 福嶋 ユッカ 著 出版社名: 小学館クリエイティブ 出版年月日: 2021年4月 9日 定価: 748円(税込) ISBN: 9784778086121

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル