top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『イチケイのカラス』は竹野内豊版『HERO』か…既視感だらけなので類似点をまとめた

SmartFLASH

 

 物語としては面白かったし見応えがあった。だが、それ以上に既視感もすごかった。

 

 先週月曜21時から放送スタートした竹野内豊主演のドラマ『イチケイのカラス』(フジテレビ系)。第1話の平均視聴率は13.9%(ビデオリサーチ調べ/平均世帯視聴率/関東地区)と好スタートを切り、期待値の高さがうかがえた。

 

広告の後にも続きます

 

 東京地方裁判所 第3支部 第1刑事部(イチケイ)に所属する自由奔放で型破りな刑事裁判官・入間みちお(竹野内)が、先入観にとらわれず自ら現場検証をおこない、冤罪を生むことのないよう真相を明らかにしていくリーガルエンターテインメント。

 

 そんな入間の実質的なバディであり、彼に振り回されることになるのが、生真面目で堅物な東大法学部卒のエリート裁判官・坂間千鶴(黒木華)。そして入間と坂間とともに奔走するイチケイの仲間たちは、部長裁判官・駒沢義男(小日向文世)をはじめ個性豊かなキャラクターたちでかためられている。

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル