top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

映画『バイプレイヤーズ』田口トモロヲ・松重豊・光石研・遠藤憲一インタビュー「同じ病棟の入院患者みたいな関係」

ガジェット通信

2021年1月より放送されたシリーズ最新作、ドラマ「バイプレイヤーズ~名脇役の森の100日間~」では、今までのバイプレイヤーズの規模を大きく越え、若手からベテランまで100人を超えるバイプレイヤーが集結。 そして、本シリーズ初の映画化となる映画『バイプレイヤーズ~もしも100人の名脇役が映画を作ったら~』が4月9日(金)より全国公開中です。

本作に「元祖バイプレイヤーズ」として出演しているのが、田口トモロヲさん、松重豊さん、光石研さん、遠藤憲一さん。映画の公開を記念して、この豪華4ショットインタビューが実現! 作品についてお互いについて、お話を伺いました。

――本作、大変楽しく拝見させていただきました! まず映画になると決まった時にはどのようなお気持ちでしたか?

田口:漣さん不在という時点で、映画はもちろん続編にも消極的でした。でも、プロデューサー陣が2年くらいの時間をかけて、僕たちが参加出来るように色々な環境を整えてくれて。今シリーズで「ネクストバイプレイヤーズ」たちにバトンを渡す、という形にしてくれたので。これはもう断れないなと思いました。漣さんはいつも撮影終わった後に「飲みミーティング」に連れていってくれて、漠然と「映画撮れたら良いね」って言っていました。その時に話していた形とは違うけど、こうして映画が出来上がり良かったと思っています。

松重:もともと下北沢の映画館で「6人の男たちフィルムズ」という特集上映をしていただいた事が(20020年、シネマ・下北沢にて)、今につながっているという。その時の中心にいたのが大杉漣さんで、映画はもちろんテレビやCMや色々な場所を経験されていたから、僕たちを育ててくれていて。今は昔ほど映画化されるという事が事件じゃないとは思うのですが、こうして東宝さんという大きな配給会社に映画化してもらって、僕らもクランクインするまでは半信半疑だったんですよ。

広告の後にも続きます

光石:本当、こんな高級ホテルで取材させてもらって、狐につままれている気分です。車を降りた瞬間から、何か信じられない気持ちだよね(笑)。

松重:映画が完成してもなんだか不思議な気持ちで、僕らが作ったというよりも、大杉さんが作ってきた土壌があり、色々な人の支えで作り上げてくれたんだなという想いです。

遠藤:大杉さんがいなかったら参加したくないって、俺が一番思ってた気がして。でも、自画自賛するわけじゃないのだけど、普通に話しているだけのように見えて芝居としてまとまっている、というのはこのメンバーだから出来たのかなと改めて思います。出来そうで、なかなか出来るもんじゃないなと。

――その唯一無二の空気感が映画からもすごく伝わってきました。「バイプレイヤーズ」の現場ってすごく楽しそうだなと想像してしまうのですが。

田口:本作の中で僕たちは「元祖バイプレイヤーズ」という言い方をされているのですが、元祖バイプレイヤーズとしては、漣さんの不在って大きいんですよね。1、2と同じような事は出来ないなという想いもありながらやらせていただいて。でも、やっぱり4人で会うと「楽しい」んです。はしゃいじゃうっていうか。時間が空いても、1、2で積み上げた安心感やムードが、会った瞬間に戻ってくる。

松重:『バイプレイヤーズ』の特徴の一つが、実名の役を演じているという所で。観ているお客さんも「本人と本人役」の境目が気になると思うのですけど、僕らも「これ芝居なの?」っていうギリギリの所を演じていくのが、究極の目標だったりするんですね。関係性が出来ているので、カメラがまわった瞬間から始めるのでは無くて、僕らがいる所から何かが始まっているし。そのまま作品に使える部分と外に出せない部分を使い分けたりしていて。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル