top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

もこう、“潰瘍性大腸炎”再発の疑いで緊急検査 検査の一部始終を公開

yutura

2021年4月11日、「もこう」(登録者数120万人)が「持病再発の疑いがあり、緊急検査をすることになりました….. ”潰瘍性大腸炎”」を公開しました。

もこう、大腸の内視鏡検査を受ける

「先月くらいからですね、お腹の調子が良くなくて」と険しい顔で話すもこう。
血便も出てしまったようです。

もこうは以前から、難病指定されている『潰瘍性大腸炎』を患っていることを明かしています。

潰瘍性大腸炎は炎症性腸疾患のひとつで、大腸の粘膜に炎症が起きることによりびらんや潰瘍ができる原因不明の慢性の病気です。主な症状としては、下痢や血便、腹痛、発熱、貧血などがあります。また、さまざまな合併症が発現することがあります。
潰瘍性大腸炎は、厚生労働省から難病に指定されていますが、適切な治療をして症状を抑えることができれば、健康な人とほとんど変わらない日常生活を続けることが可能です。
IBD LIFE

広告の後にも続きます

また、潰瘍性大腸炎の発病後、長期経過すると大腸がんを発症するリスクが高まるようです。

潰瘍性大腸炎は、寛解(症状が落ち着いている状態)と再燃(症状が悪化している状態)を繰り返しながら慢性の経過をたどります。
発病後長期経過すると大腸がんを発症するリスクが高まることが知られています。特に10年以上経過した全大腸炎型に発がんリスクが高いことが知られており、定期的な内視鏡検査によって早期発見することが重要になります。直腸炎型の発がんリスクは一般人口とほぼ同じです。
IBD LIFE

「ここ4~5年は特に再発もなく、寛解していた」ようですが、「再発したかもしれない」とのことで、大腸の内視鏡検査を受けることを決意します。
ちなみに、「東海オンエア」(登録者数583万人)のリーダー・てつやも同じく潰瘍性大腸炎を患っています。

関連記事
東海オンエアのてつやが大腸がんの疑いで検査を受けた結果…
YouTuberもこう、トイレットペーパーが残り1ロールで「死活問題」

検査前の準備

検査前日、もこうは医師から指示された『クリアスルー』という消化の良い食事キットを食べます。
メニューは、昼食が卵がゆ・じゃがいものそぼろあんかけ、夕食はビーフシチュー・クラッカー。
内視鏡検査前日にしては豪華にも思えますが、味は非常に薄いそうです。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル