top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

水曜日のカンパネラ 会場までをも変化させた類を見ない円形劇場公演、オフィシャルレポート

SPICE

6月27日にEP『ガラパゴス』をリリースした水曜日のカンパネラが、2018年初となるワンマンライブ『水曜日のカンパネラ円形劇場公演』を、6月30日(土)、7月1日(日)の2日間にわたり、山梨県・河口湖ステラシアター 野外音楽堂にて開催。そのオフィシャルレポートが到着した。

観測史上初めて、6月の梅雨明け宣言がなされた関東甲信地方。2017年に開催された『IN THE BOX TOUR』以来、約10ヶ月ぶりとなる単独公演ということもあり、山梨県からだけでなく、都内や全国各地からファンが会場に訪れた。

河口湖ステラシアターは円形状で客席からステージを見下ろす形になっており、この日のためにステージ前のスペースには水が注入、鯉や金魚まで泳いでいた。ステージ後方には金色で荘厳な寺院のようなオブジェがセットされており、どのようなライブが行われるのか、開演前から会場を見渡す観客たちの姿が見受けられた。


水曜日のカンパネラ 撮影=SAKI YAGI




水曜日のカンパネラ 撮影=SAKI YAGI



広告の後にも続きます

初日・2日目ともに同じセットリストで行われた本公演。両日とも、開演時間から15~20分くらい経ち「ラー」のイントロが流れると、客席中段の出入り口にコムアイが現れライヴがスタートした。照明チーム「Hikariasobi Club」がコムアイを照らす中、「小野妹子」を歌いながら客席を練り歩き天井裏まで登っていくと、北海道の地名を歌詞に盛り込んだ「シャクシャイン」へ。2日目は客席で観客にマイクを向けて歌わせるシーンも見られるなど、水カンならではの自由さが初っぱなから全開に。会場を練り歩きながら歌いステージまで到着したコムアイは、神聖な場所に足を踏み出すようにステージに上がり「一休さん」を歌った。初日は曲終わりに床に座り両手をあわせお辞儀をし、2日目は後方のステージ上に登ってみせた。


水曜日のカンパネラ 撮影=SAKI YAGI



MCでは「水曜日のカンパネラを約5年やってきて今が1番おもしろいときに来ている」と話した。さらに、秋と冬にツアーを行うことも発表、会場からは大きな拍手が起こった。

「1stアルバム(『クロールと逆上がり』)の曲のように忘我しているような音楽ができたらいいと思っているので、今日久しぶりに引っ張り出してやってみようと思います」と宣言し、初期楽曲「マチルダ」、「ゴッホ」をステージ上にて披露。スペイシーで壮大なイントロが流れ、「じーちゃん」とコムアイが歌い出し「桃太郎 Cosmic ver.」へ突入。ピンクと黄色の光で照らされたスモークの中、トラックメイカーのケンモチヒデフミと音響のzAkによる低音の効いたダンス・ミュージックに客席は各々に揺れていく。同じく低音の効いた「ウランちゃん」を披露し、雨音がスピリチュアルさを感じさせる「ユタ」、新作EPより「愛しいものたちへ」をしっとり歌い上げると、曲の後半でコムアイがステージの縁に座り5円玉を池に投げ入れ、水の中に投影された照明に綺麗な波紋が広がっていった。


水曜日のカンパネラ 撮影=SAKI YAGI




水曜日のカンパネラ 撮影=SAKI YAGI



  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル