top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

車用ガラスクリーナー人気おすすめランキング!汚れ別の効果的な落とし方も

MOBY

窓ガラスの水垢には車用ガラスクリーナーを使おう!

©yamasan/stock.adobe.com

毎日車に乗っていると、雨の跡や油膜、車内では手の跡などさまざまな汚れが付着します。水拭きしてもなかなか取れないそれらの汚れには、ガラスクリーナーが有効です。

車用のガラスクリーナーには水垢や油膜を取り除く成分が含まれており、水などと比べキレイな仕上がりが期待できます。また商品によっては、わざわざ撥水加工をしなくても、定期的な窓拭きで撥水が行えるという優れた商品も販売されています。

基本的に内側も外側も同じガラスクリーナーでOK

窓ガラスの拭き取りに使用するガラスクリーナーは、基本的に内側でも外側でも同じものを使用してかまいません。タバコを吸わない方などは、外窓と同じガラスクリーナーでも十分キレイにすることができます。

ガラスクリーナーの成分を理解し適切に使用することも大切ですが、もっと大切なことはこまめに掃除することです。

いくら取り除くことのできる成分を含んでいても、こびり付いた汚れはなかなか落ちません。特にヤニ汚れなどは時間が経てば粘り気も出てくるため、とても頑固な汚れに進化します。

広告の後にも続きます

汚れたら拭く。定期的に洗車をする。基本的なことが、車のボディ同様、窓ガラスをキレイに維持するための秘訣だといえるでしょう。

手跡やヤニにはアルコール成分を含んだガラスクリーナーがオススメ

車内側のガラスも車の使用によって汚れが発生し、汚れがひどくなると視界が悪くなり危険です。そのため、外窓だけでなく内窓もキレイにしておく必要があります。

内窓は子供などが手で触ってしまうことも多く、外窓とは違った汚れが付着しやすい箇所でもあります。タバコを吸われる方なら、ヤニなどがついていることが多いでしょう。

手油である皮脂やヤニ汚れは普通のガラスクリーナーではなかなか落ちません。ガラスクリーナーで拭いてみたけど、ヤニ汚れを伸ばしてしまい、余計に汚くなってしまったという経験をされた方もいるのではないでしょうか。そのため、内窓には外窓とは違ったガラスクリーナーを使用してみるのもひとつの選択肢だといえます。

ヤニ汚れや手脂などの汚れがつきやすい内窓に効果的なのがアルコールです。アルコールは揮発性、つまり乾きやすいという特徴があります。つまり何度も乾拭きする必要がなく、拭き跡が残りづらいのです。

速乾性で、皮脂やヤニ汚れに強いアルコールで内窓を拭くことをオススメします。

車のガラスクリーナー種類別おすすめ5選

撥水タイプのガラスクリーナー

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル