top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ワーママ楽々キッシュ15分レシピ!クラッカーと事前のレンチンで時短

たべぷろ

こんにちは!製菓衛生師の藤永瞳です。今回ご紹介するのは、生地から作るほうれん草とベーコンのキッシュです。イチから作るのは面倒な生地はクラッカーを使うことで大幅に時短!たった15分でできますが、華やかな見た目になるので誕生日やイベントのメインディッシュにもおすすめです。忙しいワーママも手軽に作れるので、ぜひチェックしてみてくださいね!

ほうれん草とベーコンのキッシュ

キッシュに欠かせない生地は、クラッカーを砕いたもので代用します。香ばしい全粒粉や小麦胚芽が入ったクラッカーがおすすめです。

【材料】(4人分)
小麦胚芽クラッカー 15枚
オリーブオイル 大さじ1

ベーコンブロック 90g
ほうれん草 2株
しめじ 1/2パック
プチトマト 5個
バター 10g
牛乳 80cc
卵 2個
ピザ用チーズ 大さじ3強
塩こしょう 少々
粉チーズ 大さじ2

【作り方】
1.ベーコンは細長くカット、ほうれん草はよく洗いざく切り、しめじは石づきをカット、プチトマトは4等分にする。

広告の後にも続きます

2.フライパンにバターを入れて熱しベーコン・ほうれん草・しめじがしんなりするまで炒めたら、牛乳を加えて沸騰直前で火を止める。

3.全粒粉クラッカーをフリーザーパックに入れて麺棒で砕き、オリーブオイルを馴染ませたら、型に敷き詰める。

4.ボウルに卵とピザ用チーズ・塩こしょうを入れてよく混ぜて(2)を加えたら、(3)に注ぎ、プチトマトをのせる。

5.600Wのレンジで3分半ほど加熱し、粉チーズをのせてオーブントースターで焼き色を付ける。お好みでケチャップやブラックペッパー・タバスコをかける。

クラッカーと事前のレンチンが時短のコツ!

キッシュで一番大変なのは生地を作る工程です。冷凍パイシートを使うこともできますが、焼き時間が20〜30分はかかるので、忙しい平日の夕飯にはちょっと難易度が高いですよね。

そこでクラッカーを砕いて敷き詰めることで、事前に焼いたり時間をかけて火入れをしたりする必要がなく大幅な時短になります。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル