「PRODUCE 48」矢吹奈子(HKT48)、圧倒的得票数でチームを救う…抜群のボーカル力が開花
「PRODUCE 48」矢吹奈子(HKT48)、圧倒的得票数でチームを救う…抜群のボーカル力が開花
日本のアイドルグループ「HKT48」のメンバー、矢吹奈子(17)が崖っぷちのチームを復活させた。矢吹奈子は去る6月30日に放送されたMnet「PRODUCE 48」初のチームバトル現場投票で300票を獲得し、敗北直前のチームを救った。

日本のアイドルグループ「HKT48」のメンバー、矢吹奈子(17)が崖っぷちのチームを復活させた。矢吹奈子は去る6月30日に放送されたMnet「PRODUCE 48」初のチームバトル現場投票で300票を獲得し、敗北直前のチームを救った。

この日の放送では練習生たちが初めてチームを組み、バトルを繰り広げた。バトルの内容は世界的に人気を博す有名ガールズグループの楽曲を選んで2チームが競演し、得票数を比較するものだった。

まずステージに立ったのは「GFRIEND」の「LOVE WHISPER」1・2組だ。ソン・ウンチェ(19)、ワン・クー(18)と日本人メンバーが多かった1組はプレッシャーの中で優れたステージを披露し、熱い拍手を受けた。

後に続く2組は結成当時から「可愛いアベンジャーズ」と呼ばれ、愛らしいメンバーが多い組。その中でも矢吹奈子はメインボーカルを担い、爽やかで明るい声、高音までを安定的に消化し、注目を浴びた。

勝利チームは2組のステージ直後に発表された。1組はポジション別に2組に勝利していた状況だったが、メインボーカルのワン・クーと矢吹奈子の点数が発表された直後、反転が起こった。矢吹奈子が300票という圧倒的な得票数で2組の劇的勝利を導いたのだ。

総得点数は1組334票、2組488票だった。点数発表後、矢吹奈子は「機械が故障したのでは?」と信じがたい表情を見せた。

これを前に矢吹奈子はレベルF(最下)からAに一気に這い上がり、話題となっていた。番組序盤、日本のメンバーたちの実力は韓国のメンバーたちに比べて大きく劣っていたが、トレーニングを受けながら各自、意外な才能を発揮し始めた。

(更新日:2018年7月11日)

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME