top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

庵野秀明「こういうところはNHK撮ってない」「誤解されているけど、僕は自分だけで作りたくないんです」『シン・エヴァンゲリオン劇場版』裏話と感謝を述べる

ガジェット通信

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』大ヒット御礼舞台挨拶が行われ、庵野秀明氏(総監督)、鶴巻和哉氏(監督)、前田真宏氏(監督)、緒方恵美さん(碇シンジ役)が登壇しました。

庵野監督は、「僕がエヴァ関連で表に出るのは、最初の製作発表のときと、1本目が春に間に合わないときに“すみません”という謝罪会見のとき以来なんですね。今日は、皆さんに直接スタッフの代表としてお礼を言う最後のチャンスかな、と思って出ることにしました」と挨拶。

「私も謝罪会見に参加させていただいて、庵野さんと一緒に登壇させていただくのは、そのとき以来でございます」と、シンジ役の緒方さんがイベントの進行役を務めました。

「すごい誤解されているけど、僕は自分だけで作りたくないんですよ」

Q:現在、興行収入70億円を突破していることについて。

庵野:本当に有り難いです。もう、前作の『:Q』を超えて。80億円ちょっといったら、僕が総監督をやった『シン・ゴジラ』を超えてくれるので、僕の中ではレコードになるし。あと、100億円いってくれると、アニメ業界の活性化に良いんです。『鬼滅の刃』とかジブリは100を狙って当然の作品群なんですよ。でも、エヴァってロボットアニメなんですよ。

広告の後にも続きます

緒方:あ、ロボットアニメだったんですか!?

庵野:有名なロボットアニメで『ガンダム』がありますけど、『ガンダム』だったら100はいっていないんですよね。ニッチなロボットアニメで100を目指せるっていうのは、本当に有り難いことだなと思います。こういうものでも100いくというのは、アニメ業界にとってほんとに良いんですよ。

緒方:家族だけでなく1人で観に来られる方も多いのに、この数字になったのは本当に有り難いなと思います。

Q:一番最後の作業が終わったときの心境は?

鶴巻:スタッフで最初に完成した映画を観るスタッフ初号のときに、やっぱり涙しているスタッフもいました。僕は申し訳ないんだけど、ただ「終わってよかったな」と思っただけで、エヴァ全体のこととかは全然考えていなかったですね。本当に目の前の「明日終わるのかな?」みたいなことだけが終わってくれた、という感じでしたね。

前田:同じですね。色々直しが来ていたので、最後の方までずっと直す作業をしていたんですけど、「あれ?もう終わり? もう(直しが)来ないの? ほんとにもう来ないの? ほんとに!?」みたいな疑っているところもあって(笑)。でも、本当に終わったんだ、と安心しました。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル