top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ReoNa 久々の全国ツアーで響く「絶望と希望の狭間にある”何者でもないお歌”」 初ホールツアー初日最速レポ

SPICE

『ReoNa ONE-MAN Concert Tour unknown』2021.4.10@神戸国際会館こくさいホール 「絶望...

『ReoNa ONE-MAN Concert Tour “unknown”』2021.4.10@神戸国際会館こくさいホール

「絶望系アニソンシンガー」ReoNaが自身初となるホールツアー『ReoNa ONE-MAN Concert Tour “unknown”』を開催した。

2018年のデビューから早三年目を迎えた彼女はこれまで精力的にライブを実施、数々のアニソンフェスなどでアリーナクラスへの出演は経験してきたが、ReoNa個人としては初のホールコンサートツアーということで期待も高く、チケットは即完売となった。

今回SPICEは関西・九州・東海・関東の4箇所を回る本ツアーの初日に帯同。神戸から生まれた何者でもないお歌を即レポートする。

2020年春に開催予定だった全国ツアー『ReoNa ONE-MAN Concert Tour 2020”A Thousand Miles”』が新型コロナウイルス感染症の影響で中止になったReoNaの一年ぶりのツアー、初日の舞台となった神戸国際会館こくさいホールは期待の渦が深く静かに蓄積されているようだ。

広告の後にも続きます

雨だれのようにピアノの音が響く中、バンドメンバーに続いて静かに登場したReoNa。エレキギターを構えて一曲めで奏でられたのは「untitled world」。小さな体にはステージに立てる喜びと音楽に対する渇望が詰まりきっている。それを解放するようにかき鳴らされるギター。

「アルバム“unknown”に込めたお歌を顔を見てお届けできる、初めてのアルバムツアー」そう最初のMCで語るReoNa、「思い切り一対一、楽しんでいってね」そういう彼女の顔はどこか嬉しそうだ。

助走は終わった、叩きつけるように自身の代表曲となった『ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld』OPテーマ「ANIMA」を披露、そこから間髪入れずヒット曲を繰り広げる。出し惜しみは無し、それが出来るのも彼女がこの三年間で作り上げてきた楽曲の豊富さがあるからだ。そしてReoNaの声量もすごくアップしているのを感じた。


「いっそ何か別の生き物にでもなってしまえたら、想像するだけ」ReoNaのMCは曲世界への案内板だ。自分以外の何かになりたい、そんな誰にでもある妄想を切り取った「ミミック」は彼女自身の成長を感じさせる歌だ。ステージングも決して派手ではないが表現が大きくなったような気がする。体幹もこのコロナ期間に強くなったような気がする。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル