top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

英検凖2級で30歳から海外生活を始めて感じた「なんとかなったこと」と「なんとかならなかったこと」

Pouch[ポーチ]

英検凖2級で30歳から海外生活を始めて感じた「なんとかなったこと」と「なんとかならなかったこと」

海外移住をする!と伝えると、ほぼ100%の高確率で返ってくる「英語はペラペラに話せるんだよね?」という反応。海外生活=英語が必須である……と、まるで「パスポートは持ってるよね?」なんてノリ。

私は30歳で仕事を辞めてアイルランドに留学しているのですが……実は英検凖2級レベルでした。

たしかに実際に住むとなると家探し、住民登録、仕事探し…などやるべきことは盛り沢山。これを母国語ではない言語でやるものだから、気になると思います。

英語の勉強は大学時代で止まったまま、海外で暮らすとどうなるのか……。

実際に私が2年弱、アイルランドに住んでみて感じた、英語が話せなくても「なんとかなった部分」と「なんとかならなかった部分」についてお話したいと思います。

【日常に忙殺されて進まない英語の勉強】

広告の後にも続きます

まず始めに、移住前の私の英語力はというと、出来るのは簡単なあいさつ程度。

英語の試験では赤点こそ回避していましたが、日常生活で英語を話す機会は全く無かったので、特に英語を話すことへの苦手意識がかなりありました。

「いつか海外で暮らしたい!」「英語がペラペラになりたい!」と思いながらも、日常生活に忙殺されていると勉強はおざなりに……。

【30歳で舞い込んだ留学のラストチャンス】

転機があったのは30歳も半ばを過ぎた2月、アイルランドが年2回公募している『ワーキングホリデービザ』に当選したことがきっかけでした。

そのビザは入国の期日が決まっていたことと、31歳以降は年齢制限のため再応募は出来ないこともあり「このタイミングを逃したら一生行けないかも……!」と、思い切って仕事を辞めて渡航することに。

しかし差し迫る渡航日を前に、参考書を買い込んだはいいもののほとんど手つかずのままでした。

【100%英語の環境に緊張の連続】

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル