top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【難読】“きとう”じゃない? 「鬼灯」の正しい読み方

マイナビウーマン

本や資料で見かけることがあるけれど、正しい読み方や意味が分からずスルーしてしまっている言葉ってありませんか?

社会人として、知らないまま恥をかくような場面には遭遇したくないですよね。

今回考えるのは「鬼灯」の読み方です。

“きとう”? “おにとう”? どう読むのかな?と思った方は、ぜひ答えをチェックしてみてくださいね。

■「鬼灯」の読み方は?

広告の後にも続きます

大人気の「鬼滅の刃」の流れで、“きとう”と読んでしまいそうですよね。それか、漢字のまま“おにとう”と読むのかな?と思った人もいるかもしれません。

しかし、この二つを合わせると“きとう”や“おにとう”とは読まず、ある植物の名前になります。

気になる読み方の正解ですが……。これ、実は“ほおずき”と読みます。

■「鬼灯」の意味と使い方

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル