top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【トヨタカローラレビンAE86】歴代最後のFR軽量スポーツカー

MOBY

FF化の流れ押し寄せるなか、歴代最後のFR「レビン」誕生

トヨタ カローラレビン ae86
画像の個体はカローラ レビン「1600 GT-V」

レビンの正式名称は「カローラ レビン」。2代目カローラの時代、2ドアクーペの最上級スポーツを切り離し、派生モデル「TE27型レビン」としたのが始まりです。

その後、レビンは2代目TE37型・TE51型、3代目TE71型を経て、1983年にモデルチェンジを実施し、4代目AE86型へと移行しました。

また、レビンには同じカローラベースの姉妹車としてスプリンター トレノが存在し、2代目を除きレビンと同じ型式番号となっています。

トヨタ カローラレビン ae86

AE86型レビンのデビュー当時、コンパクトモデルの世界的潮流は、車の軽量化・室内スペース拡大に適したメカニズムである前輪駆動(FF)へと変わっており、レビンのベースとなるカローラも遂にFFへと舵を切ることになりました。

しかし、トヨタはスポーツモデルであるレビンには後輪駆動(FR)の特性が必要と判断。レビンにはFRが残されることとなったのです。歴代レビンはその後1995年デビューの7代目まで生産されますが、FR採用はAE86型が最終モデルとなりました。

【トヨタ カローラ レビン(TE27型)】オーバーフェンダーを持つ初代走り屋

AE86レビンのボディバリエーションは2タイプで空力を意識

トヨタ カローラレビン ae86
トヨタ カローラレビン ae86
シートはホールド性の高いハイバック

広告の後にも続きます

カローラ レビン AE86型のボディバリエーションは2タイプ。2ドア・ノッチバッククーペと3ドア・ハッチバックのラインナップとしています。

デザインを担当したのは関東自動車工業株式会社、現在のトヨタ自動車東日本株式会社です。

当時の同社担当者によると、AE86型レビンはグローバルモデルとして海外進出が前提となっており、それを見据えたうえで、「2ドアノッチバックはエレガントに、3ドアハッチバックはスパルタンに、両車とも空力を意識したデザインであること」が命題として与えられたと語っています。

トヨタ カローラレビン ae86

カローラ レビンは先代のTE71の時代、車両重量は1,000kgを超えるほどとなっていましたが、AE86では見直され、900kg前後の軽量化が図られました。

グレード体系は、最上位グレードの豪華・快適装備で、ボディカラーにツートン仕様もあった「GT-APEX」、パワステなしでハイバックシートに185/60R14タイヤを装着し、ダイレクトな操舵性にこだわった「GT-V」、GT-Vより控え目で扱いやすくローバックシート採用の「GT」がラインナップ。

また、AE86型の廉価版で1.5L SOHCとしたAE85型も展開されました。

AE86(カローラレビン)の歴史と現在の中古車価格は?【日本の名車】

カローラ レビン AE86は吹け上がり抜群!レースでも活躍

トヨタ カローラレビン ae86
トヨタ カローラレビン ae86
  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル