top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

賞レースを席巻し、アカデミー賞5部門のノミネートを果たしたキャリー・マリガン主演『プロミシング・ヤング・ウーマン』日本版ポスタービジュアルが解禁!

cinefil

本年度の賞レースを席巻し、アカデミー賞でも5部門のノミネートを果たした『プロミシング・ヤング・ウーマン』(邦題確定)の 公開日が7月16日に決定し、日本版ポスタービジュアルが解禁となりました。

旬でワイルド! 甘いキャンディで包んだ猛毒が全身を駆け巡る、 復讐エンターテインメント

アカデミー賞®作品賞ノミネートを筆頭に本年度の賞レースを牽引する『プロミシング・ヤング・ウーマン』。タイトルの意味する通り、“前途有望な若い女性”だったキャシーは、ある事件によって 医大を中退し、カフェの店員として平凡な毎日を送っている。その一方、夜ごとバーで泥酔したフリをして、お持ち帰りオトコたちを待ち構えていた。ある日、今は小児科医となったハンサムな元クラ スメートがカフェを訪れる。この偶然の再会こそが、キャシーを忌まわしい過去へと引き戻すことになる……。

監督は、ロマンティック・コメディと復讐劇を融合させた独創的な自身の脚本で、長編デ ビューを飾ったエメラルド・フェネル。主人公を演じたキャリー・マリガンは、批評家たちから「キャリア最高の演技」と絶賛を浴びている。甘いキャンディに包まれた猛毒が観る者 すべての全身を貫き、ジェンダーバイアスへの強烈な怒りを放ちながらも、見事なエンター テインメントに昇華された話題作となっている。

待望の日本版ポスタービジュアルが、ついに解禁!!

広告の後にも続きます

©2020 Focus Features

口紅で書かれた原題(PRMISING YOUNG WOMAN)と唇の絵、そして滴る紅色。そん な艶やかなアートとは裏腹に「私も彼女も“前途有望”なはずだった――」というコピーが添えられ、一気に毒と謎のあるビジュアルに。この様子からは、主人公で元医大生のキャシー の身に起こる、スリリングな事件とあふれる哀しみ・怒り・絶望が見て取れる。ネット上での熱狂と批評家たちの絶賛も相まって、予想を鮮やかに裏切るという物語に、胸が高まります。さあ、ここから復讐エンターテインメントの幕が上がるという勢いをも感じさせるビジュアルに、本作への期待値が上昇すること必至です!!

賞レースを席巻!キャリー・マリガンが最高の演技!
『プロミシング・ヤング・ウーマン』本国版トレーラー

脚本・監督:エメラルド・フェネル「キリング・イヴ/Killing Eve(エグゼクティブ・プロデューサー)」 編集:フレデリック・トラヴァル
出演:キャリー・マリガン、ボー・バーナム、アリソン・ブリー他
2020年/アメリカ/英語/113分/シネスコ/ドルビーデジタル/
原題:PROMISING YOUNG WOMAN/日本語字幕:松浦美奈
ユニバーサル映画
配給:パルコ 映倫:PG-12

7/16(金)TOHOシネマズ 日比谷&シネクイントほか全国公開!

サーバー初期ページ

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル