top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

〈フランスのケン・ローチ〉と称えられる名匠ロベール・ゲディギャン監督-映画人生 40 年の集大成となる傑作『海辺の家族たち』よりマルセイユの魅力がつまった場面写真が公開!

cinefil

〈フランスのケン・ローチ〉と称えられる名匠ロベール・ゲディギャン監督作『海辺の家族たち』が 5 月 14 日(金)よ り、kino cinéma 横浜みなとみらい、kino cinéma 立川髙島屋 S.C.館、kino cinéma 天神ほか全国 順次公開いたします。本作の舞台となるマルセイユの魅力が詰まった場面写真が解禁となりました。

マルセイユ近郊の海辺の家に、父との最期の日々を過ごすために集まる 3 人の子供たち。それぞれが胸に秘めた過去と向き合う時間を、漂着した難民の子供たちが思わぬ希望に変えていく──
空と海を一望できる美しい入り江沿いにあり、かつては別荘地として賑わったが、今ではすっかり寂れた町で、過去にとらわれて絆を見失い、明日へと踏み出せない家族たちが描かれる。だが、彼らが〈人生を変える新しい出会い〉を受け入れたことで、 再び未来が輝き始める。こんな時代だからこそ、人と人の繋がりが何よりも大切だと、忘れられないラストシーンが教えてくれる感動作。今、世界が忘れた優しさが、ここにある。 監督を務めたのは、自身が生まれ育ったマルセイユを舞台に、労働者階級や移民など社会的に弱い立場の人々の人生を温かな眼差しで見つめ続け、〈フランスのケン・ローチ〉と称えられるロベール・ゲディギャン監督。本国で半年以上のロングラ ン上映を成し遂げた大ヒット作『マルセイユの恋』や『幼なじみ』、『キリマンジャロの雪』などで高く評価され、ベルリン国際映画祭や、ヴェネチア国際映画祭、審査員も務めたカンヌ国際映画祭の常連でもある名匠が、映画人生 40 年の集大成となる傑作を完成させた。

© AGAT FILMS & CIE – France 3 CINEMA – 2016

© AGAT FILMS & CIE – France 3 CINEMA – 2016

© AGAT FILMS & CIE – France 3 CINEMA – 2016

広告の後にも続きます

© AGAT FILMS & CIE – France 3 CINEMA – 2016

この度解禁された場面写真では、ロベール・ゲディギャン監督の地元であり、映画の舞台となるフランス・マルセイユの美しい入り江沿いにある小さな町で暮らす人々の様子が切り取られている。海辺でタコを手に持ちながら談笑する 3 人兄妹や、船上でのアンジェルと漁師のバンジャマンの仲睦まじい様子、U 字のアーチが美しい高架橋の下の入り江の傍で遊ぶ子供たちなど、マルセイユの入り江ならでは魅力が詰まった美しい写真が並ぶ。これまでも、ほぼすべての監督作品をマルセイユで撮 影してきたゲディギャン監督。本作『海辺の家族たち』もマルセイユ近くのメジャン入り江で撮影された。「この入り江を見ると 私はいつも劇場を思い出す。山腹に建つ、まるで外観しかないように見える色とりどりの小さな家々。それらを見渡す高架橋があり、そこを走る列車はまるで子どものおもちゃのようだ。海に向かって開けた光景が、水平線を背景…彩色され たキャンバスのように変えてしまう。冬の光の中、誰もいなくなったときには特にそう見える。メランコリックで美しい、使われていない舞台セットになるのだ」と監督が語るように、目の前に広がる美しい入り江と、すぐ後ろにそびえる山、そして高架橋がまるで舞台装置のように映画の中で重要な役割を果たしている。この風景が物語の中でどのように機能しているのか、 ぜひスクリーンでご覧頂きたい。

© AGAT FILMS & CIE – France 3 CINEMA – 2016

© AGAT FILMS & CIE – France 3 CINEMA – 2016

© AGAT FILMS & CIE – France 3 CINEMA – 2016

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル