top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

石井杏奈「生涯、現役でしたと言えるくらい、ずっとお芝居をやっていたい」 映画『砕け散るところを見せてあげる』で女優業への思い新たに

ガジェット通信

中川大志さん、石井杏奈さんがダブル主演を務め、豪華キャストの共演も注目の映画『砕け散るところを見せてあげる』が4月9日に全国公開となります。本作は、アニメ「とらドラ!」「ゴールデンタイム」で知られ、各世代から支持を集める竹宮ゆゆこの同名小説を原作に、SABU監督が実写化した<常識を覆す、衝撃の愛の物語>です。

その公開に合わせて主演の石井杏奈さんにインタビューをしました。高校1年生で学年いちの嫌われ者・蔵本玻璃役はトイレに閉じ込められずぶ濡れになるシーンなど、いじめを受けている過酷な撮影もあり、「常に自分との戦いでした」と撮影を述懐します。何度も共演歴のある中川さんとの共演の感想を含め、さまざまうかがいました。

■公式サイト:https://kudakechiru.jp/ [リンク]

■ストーリー

どこにでもいる高校生の濱田清澄は、“学年いちの嫌われ者”と呼ばれて孤立していた一年生の蔵本玻璃を、いじめの手から救い出そうとする。清澄は玻璃の愛らしさと心の美しさに気づき、玻璃は清澄に感謝と憧れの想いを抱き、二人は心の距離を縮めていく。だが、玻璃には誰にも言えない秘密があり、玻璃を守り抜こうとする清澄にも〈恐るべき危険〉が迫る-。

広告の後にも続きます

●まずは豪華キャストの中で主演をまっとうされた感想をお願いします!

緊張しました。普段映画で観ている主演級の俳優さんがたくさんいらっしゃり、この方々がいて自分が主演の作品だと思うとすごく怖くなってしまうので、何も考えないようにしていました。撮影が始まる前までは自分が主演だからこの作品をよりよくしなければならないというプレッシャーと戦ったのですが、撮影に入ると役柄として生きて行けるので、主演だろうがそうじゃなかろうが、しっかりと生きようと思ったので、次第にプレッシャーはなくなっていきました。

●最初に出演が決まった時、蔵本玻璃という女の子についてはどう思いましたか?

小説を読み、玻璃のことが好きになりました。役柄に共感できましたし、応援もできました。なので、すごくお話をいただいてうれしかったのですが、それと同時に自分が玻璃を好きだからこそ、自分にプレッシャーをかけるように、自分が好きな玻璃を超えられるのかという、自分との戦いが常にありました。

●劇中では凄まじい演技でしたが、その戦いには勝てたのではないでしょうか?

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル