top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ブレーキランプ切れは違反?どこで交換できる?交換時期や費用を解説

MOBY

ブレーキランプ切れは整備不良の減点!

ブレーキランプ
©candy1812/stock.adobe.com

「ブレーキランプがいつの間にか切れていた」なんて経験されたことはありませんか?ブレーキランプにはとても重要な役割があります。ブレーキをかけていることを後続車に知らせ、注意を促すことによって、衝突事故の予防をしています。

片方でもブレーキランプが切れたまま、走行中に警察に検挙された場合は整備不良で1点に加え、以下の反則金の支払義務が生じます。

  • 大型車等 9,000円
  • 普通車 7,000円
  • 二輪車 6,000円
  • 原付車 5,000円

しかし、愛車のブレーキランプが切れていることにはなかなか気づきません。そのため日頃からメンテナンスを行い、定期的に確認する必要があります。

本記事では、ブレーキランプの交換時期、方法、費用などをご紹介いたします。

ブレーキランプの点灯を確認してみよう

ブレーキ
©NorGal/stock.adobe.com

ブレーキランプ点灯を確認する方法

車の後ろを見る機会がなく、1人で運転されている方はブレーキランプ切れに中々気づかないものです。1人でも確認できる方法をご紹介します。

  • 駐車場の壁を背中に駐車し、ブレーキランプを踏み込み壁の反射を見て電球切れを確認する
  • エンジンを切った状態で、つっぱり棒などをシートとブレーキペダルの間にセットし車外に出て直接電球切れを確認する

広告の後にも続きます

電球切れを確認するときは周囲の安全を確かめて行うようにしましょう。

一部の高級車には電球式のテールランプやブレーキランプを採用しているため「テールランプ警告灯」が電球切れをお知らせしてくれる車種もあるようです。

ブレーキランプがつかないとき、消えないときはどうする?

  • ブレーキをかけていないのに、ブレーキランプが消えない
  • エンジンを切ってもブレーキランプが消えない

このような状態はブレーキスイッチの接触不良が原因であることが考えられます。

ブレーキスイッチはブレーキペダルについていますが、ブレーキペダルを何回も踏み込むことで、ブレーキスイッチの接触部が摩耗します。

するとブレーキランプが作動した状態になり、ブレーキランプが点いたままとなりトラブルの原因になることも。また、すぐに気付くと良いですが、長時間そのままにしているとバッテリーが上がってしまいます。

このような状態では大変危険なので公道は走行せず、ディーラーやロードサービスに問い合わせると良いでしょう。

ブレーキランプの交換時期

車の電球 交換
©wellphoto/stock.adobe.com
  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル