top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

レクサス新型NXの商標登録でグレード判明!純ガソリン廃止&PHV設定か

MOBY

新型NXの商標が国内でも登録された

2021年4月5日、レクサス 新型NXのグレードと思われる商標が日本の特許庁で登録されました。欧州では昨年すでに登録されていましたが、これまで国内では確認できていませんでした。

確認出来たのは「NX300h」と「NX450h+」の2つ。これは今年2月後半にレクサスがリークしたプロモーションビデオで記載されていたグレードと一致しています。

以前のリーク動画で確認していた「NX200」の商標は今のところありませんでした。

以前リークしたNXのプロモーションビデオに関する記事はこちら

新型レクサス NXの発表は近い?現在判明している最新情報

次期新型NXはハイブリッドとプラグインハイブリッドの2種類か

欧州でも昨年に登録されている

「NX300h」と「NX450h+」のパワートレインに関しては、プロモーションビデオでリークされていました。

「NX300h」はハイブリッド、「NX450h+」はプラグインハイブリッドであることはほぼ確実で、次期新型NXにはこの2種類が設定されると思われます。

広告の後にも続きます

現行のNXに設定されているのは、2.5L直4とモーターを備えるハイブリッド仕様「300h」、2.0L直4ターボの「300」の2種類。

新型の国内仕様ではガソリンモデルが廃止され、電動モデルのみになるでしょう。

レクサスが「LX600」を特許庁に登録!ランクル300との関係性はいかに?

「Tazuna」インテリアを採用

LF-Zエレクトリファイドの「Tazuna Cockpit(タヅナ コックピット)」

新型NXのコックピット及びインテリアは、2021年3月30日発表のコンセプトカー「LF-Zエレクトリファイド」で明らかとなった「Tazunaインテリアコンセプト」を採用すると見られています。

とはいえ、新型NXの内装がLF-Zのような近未来的なデザインになるとは考えられません。プロモーションビデオでは、現行よりもシンプルにはなっていましたが、画像のようなD型ハンドルではありませんでした。

インパネ中央には大型化したセンターディスプレイを搭載し、新開発のインフォテインメントシステムを用いるとみています。

レクサスが次世代モデルを示唆するEVコンセプト「LF-Zエレクトリファイド」を世界初公開

その他の最新情報はこちらから

トヨタ新型ランドクルーザー300系のリーク多数!全容がほぼ丸分かりに?

トヨタ次期新型ランドクルーザー300系の最新リーク情報すべて

日産 新型フェアレディZの市販モデル「400Z」のリーク情報

日産次期新型フェアレディZ「400Z」最新情報のすべて

噂の5ドアが登場か?ジムニーロングのテスト車両が目撃された!

新型ジムニーのロングホイールベースがテスト中!3列シートが追加設定か?

TOPICS

ジャンル