top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

高卒女性社員たちが大企業の不正追及に立ち上がる 韓国映画『サムジンカンパニー1995』日本公開が決定

SPICE

映画『サムジンカンパニー1995』(英題:『SAMJIN COMPANY ENGLISH CLASS』)が7月9日(金)に日本で劇場公開されることがわかった。

『サムジンカンパニー1995』は、1995年のソウルを舞台とした韓国映画。3人の高卒女性社員が、自分たちの務める大企業の不正に立ち向かう姿を描いた作品だ。ジャヨン、ユナ、ボラムの3人は実務能力に長けながらも、お茶くみや書類整理など雑用ばかりさせられていた。そんな彼女たちに、突如昇進のチャンスが到来する。会社がTOEIC600点を超えれば「代理」の肩書を与えるというのだ。ステップアップを夢見て英語の勉強に励む中、ジャヨンは偶然会社の工場から汚染水が流出しているのを目撃。証拠を隠蔽しようとする会社を相手に、ジャヨンたちは解雇の危険を顧みず、真相解明に向けて立ち上がる。

 


本作には、ジャヨン役で『グエムル-漢江の怪物-』『スノーピアサー』のコ・アソン、ジャヨンの同期で推理小説マニアの姉御肌・ユナ役で『小公女』『ハッピーログイン』のイ・ソム、数学オリンピックで優秀な成績を残す会計部のシム・ボラム役で『スウィング・キッズ』『あなた、そこにいてくれますか』のパク・ヘスが出演。『花、香る歌』などのイ・ジョンピル監督がメガホンをとっている。なお、劇中に登場する英単語「tiny tiny=ちっぽけな存在」を使った、日本版ポスタービジュアルも公開されている。


映画『サムジンカンパニー1995』 (C)2020 LOTTE ENTERTAINMENT & THE LAMP All Rights Reserved.



広告の後にも続きます

『サムジンカンパニー1995』は7月9日(金)シネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国順次ロードショー。

 

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル