top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

おぎやはぎ度重なる放言でも嫌われない理由は「矢作兼の愛され力」

SmartFLASH

 

 お笑いコンビ・おぎやはぎの小木博明(46)と矢作兼(46)が、6月21日放送のラジオ番組「おぎやはぎのメガネびいき」(TBSラジオ)で、NGT48中井りか(20)がファン男性と半同棲を報じられた騒動に触れた。

 

 2人は「青春高校3年C組」(テレビ東京系)で中井と共演しているが、中井が「週刊文春」の直撃取材を受けた直後の放送回での共演を振り返り、そのときの様子について語っている。「ビジネス的な態度の悪さじゃなくて、マジでなんかもう、愛想が悪いとか通り越して、話しかけても上の空なの」と矢作が言えば、「言ってくれれば、あの日にイジったのになぁ」と残念がった。

 

広告の後にも続きます

 2人が「メガネびいき」で踏み込んだ発言をすることは少なくない。矢作はテレビ番組のロケ中にカメラの前を横切る年配の男性を「いわゆる老害」と言い放ち、小木も、星野源のことを「ブサイクだよね、すごい」とあげつらう。

 

 過激な発言はしばしばネットで炎上するが、2人が業界で嫌われないのには理由がある。制作会社スタッフは、矢作の存在が大きいと話す。

 

「ひな壇にいる芸人がボケやすく、ツッコミやすい回しを的確に入れるんです。しゃべりが得意でない俳優などがMCでも、ゲストとして言いにくいこともスパッと言う。それでいて、不思議と嫌味ったらしくならないんですよ」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル